ニュース

坂本真綾×菅野よう子!「遣唐使船再現プロジェクト」のテーマ・ソングが決定

坂本真綾   2010/04/27掲載(Last Update:10/04/28 10:30)
はてなブックマークに追加
坂本真綾×菅野よう子!「遣唐使船再現プロジェクト」のテーマ・ソングが決定
 5月1日より開幕される上海万博に合わせ、角川文化振興財団がスタートさせた「遣唐使船再現プロジェクト」。同プロジェクトのテーマ・ソングを歌手・女優・声優として多方面で活躍する坂本真綾が担当することが決定! プロデュースは、坂本真綾と数多くの名曲を生み出してきた菅野よう子が手がけます。(作詞:坂本真綾/作曲・編曲:菅野よう子)

 「遣唐使船再現プロジェクト」は、最新の学説にもとづいて「遣唐使船」を現代によみがえらせ、大阪港、呉港、五島列島と当時の航路をたどりながら、上海万博の会場を目指すもの。

 坂本真綾15周年記念企画の第2弾となる本テーマ・ソングは、日本と中国の交流に更なる発展をもたらす壮大なプロジェクトに相応しいものになっているとのこと。プロジェクト自体はもちろんのこと、テーマ・ソングにも注目していましょう!

 なお、CDJournal.comでは、坂本真綾アニバーサリーにクローズ・アップした連載「おんがくto わたし〜everywhere」を更新中。こちらのチェックもお忘れなく!


●坂本真綾さんから一言

「海を越え、ことばを越えて、人が人を知りたい、喜びを分かち合いたいと思う気持ちを、歌にのせることができたらと思いながら制作しました。
また以前から中国の皆さんからたくさんのファンレターをいただいたりしていて、私の歌を聴いて下さっている方々がいることをとても嬉しく思っていました。今回このような機会をいただき、今まで以上に一層お互いを身近に感じることができたらいいなと、楽しみにしています。」


●菅野よう子さんから一言

「私自身はまだ中国を訪れたことがなく、予感と憧れを持っています。この出会いが美しいものになるといいなと願いをこめて、音を紡ぎました。」
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015