ニュース

佐野元春、40周年フィルムフェスティバル最終回配信が決定

佐野元春   2020/12/09 13:30掲載
はてなブックマークに追加
佐野元春、40周年フィルムフェスティバル最終回配信が決定
 佐野元春が提唱して発足した、音楽制作者支援を目的としたオンライン・イベント〈SAVE IT FOR A SUNNY DAY〉。その一環として上映されている〈佐野元春40周年記念フィルム・フェスティバル〉。そのシリーズ最終回が、2020年12月23日(水)(開場20:30 / 開始21:00)に決定しました。上映タイトルは、「佐野元春 & THE COYOTE BAND スタジオ・セッション〈SAVE IT FOR A SUNNY DAY〉」。

 2020年に40周年を迎えた佐野元春は、予定していた大規模な全国ツアーがコロナ禍で中止となり、代わりに6月から毎月1タイトル、アーカイブ映像からのライヴショーや、未公開フィルム、新作ドキュメンタリーなど、貴重な映像コンテンツを配信してきました。これまで配信されたのは、7月「#01〈マニジュ〉ツアー・ファイナル 東京ドームシティーホール」、8月「#02 ナポレオンフィッシュ・UK レコーディング・ドキュメンタリー(初公開)」、9月「#03 ベストアルバム2タイトル発売記念『佐野元春、ライブムービーと最新インタビューで振りかえる40年』」、10月「#04 佐野元春 with THE HEARTLAND 1991 アンプラグド・ライブ〈Goodbye Cruel World(さようなら残酷な世界)〉」、11月「#05 佐野元春 & THE HOBO KING BAND 1998 アンプラグド・ライブ〈地下室からの接続〉」の5タイトル。

 シリーズ最終回となる第6作目の配信の内容は、最新の撮りおろし映像。THE COYOTE BANDのレパートリーを中心としたスタジオでのライヴ・セッションのほか、注目は、初公開となる、新曲のレコーディング・ドキュメンタリーが届けられます。現在、佐野とバンドは新作に向けてセッションを続けており、その中からの1曲を披露するとのこと。佐野とバンドがどのように音を紡いでいくのか、興味深いドキュメンタリーに。撮影・監督は近浦啓が担当しています。

 配信は、ライヴ番組の感覚で届けるストリーミング特番となっており、ライヴ・コンサートと同じような体験を視聴者とシェアするというもの。当日は佐野元春本人も視聴者のひとりとして参加、ファンとのチャットが予定されています。

 また、当日は、セレクトショップ・ブランドBEAMSとのコラボレーションによる、オリジナル・ウェア / グッズも併売、上映と合わせてその収益は、佐野元春が提唱する〈SAVE IT FOR A SUNNY DAY〉を通じて、コロナ禍で困窮する音楽制作者支援の基金として役立てられます。

佐野元春40周年記念フィルムフェスティバルvol.6、佐野元春 & THE COYOTE BAND スタジオ・セッション〈SAVE IT FOR A SUNNY DAY〉
2020年12月23日(水)
開場 20:30 / 開始 21:00
再配信: 2020年12月28日(月)開場 20:30 / 開始 21:00
上映時間: 60min.
料金: 配信チケット 3,000円 / 寄付 + 配信チケット 4,000円
※本配信のチケットを購入される方は、1,000円追加で再配信をご覧いただけます。
チケット発売日時: 2020年12月9日(水)12:00 〜

stagecrowd.live

佐野元春40周年記念フィルムフェスティバル
ms40th.moto.co.jp

SAVE IT FOR A SUNNY DAY
ms40th.moto.co.jp/Save-it-for-a-Sunny-Day
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015