ニュース

サラ・ブライトマンも出演の映画『アマルフィ』が公開中!

サラ・ブライトマン   2009/07/21 14:49掲載
はてなブックマークに追加
 サラ・ブライトマンも出演し話題を集めている、織田裕二主演のサスペンス超大作映画『アマルフィ 女神の報酬』。7月18日よりついに上映開始され、早くも大ヒット中です! 現在お台場フジテレビで行なわれてるイベント“お台場合衆国”では、“アマルフィカフェ”が展開中。アマルフィの名産レモンのお酒リモンチェッロが入ったジェラートなどが食べられるとのことなので、映画を観た後はぜひお台場へ。

 本作は、日本映画初の全編イタリア・ロケというゴージャスな映像も話題ですが、スクリーンを彩る音楽も注目を集めています。そのサウンドトラック『アマルフィ 女神の報酬 オリジナル・サウンドトラック』も、先日ついに発売。Docomo動画CMでも流れるサスペンスフルなスコアはもちろん、アマルフィの風景を空撮でとったシーンに流れる聖歌のような清らかなトラックなど、スケール感十分な楽曲を多数収録しています。今回映画音楽を手掛けたのは菅野祐悟。『ガリレオ』『MR.BRAIN』『イノセント・ラヴ』など数々のヒット作の音楽を多数手掛けてきた菅野氏は、今回この作品のためにイタリア/アマルフィまで足を運び、実際にイタリアの街角で浮かんだメロディを五線紙にかきとめていったとのこと。


映画『アマルフィ 女神の報酬』(公開中)
(C)2009フジテレビジョン 東宝 電通 ポニーキャニオン
日本映画衛星放送 アイ・エヌ・ピー FNS27社


 また、映画で歌唱シーンも披露し(写真)、主題歌「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を歌うソプラノ歌手、サラ・ブライトマンのラブ・ソング・アルバム『アマルフィ〜サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス〜』も発売中。もちろん、この映画の主題歌も収められています。こちらも要チェックです!

 歌姫サラのゴージャスな美声にひたるもよし。映画の世界観を表現したスケール感あふれるサスペンスフルなサウンドトラックにひたるもよし。日本映画の枠を超えた『アマルフィ 女神の報酬』。映画とともに、その音楽にも注目です!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015