ニュース

笹川美和、池田綾子とのジョイントコンサートを開催

笹川美和   2016/07/21 18:18掲載
はてなブックマークに追加
笹川美和、池田綾子とのジョイントコンサートを開催
 新潟県在住のシンガー・ソングライター笹川美和(写真)が、初の自主企画コンサート〈笹川美和 池田綾子 ジョイントコンサート 〜沈丁花と撫子の揺れる時〜〉を11月3日(木・祝)に東京・キリスト品川教会のグローリア・チャペルで行なうことを発表。「e+」(eplus.jp/ms_ai16hp)では本公演のチケット抽選先行予約を7月31日(日)23:59まで受付中です。

 “ジョイントコンサート”と銘打った今回の公演は、最近では“月9”ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の主題歌となった手嶌 葵「明日への手紙」の作者として知られ、笹川とは公私ともに親交の深い、シンガー・ソングライターの池田綾子を迎えて開催。コンサートのタイトルに据えられた“沈丁花(ジンチョウゲ)”と“撫子(ナデシコ)”は、それぞれの誕生花となっています。

メジャーデビューから13年目にして、初めてジョイントコンサートを企画させて頂くことになりました! 記念すべき、初めてのお相手は、大好きなアーティストであり、尊敬すべき歌い手さん、そしてプライベートでも仲良くさせて頂いている池田綾子さんです! 会場は思い入れのある品川教会。
早くもコンサートに向けて、綾子さんと心躍る企画を考え始めております! 特別な友人と、特別な場所で、特別な時間を過ごせることが今から楽しみでなりません!
この二人にしか出来ないコンサートをお約束です。
特別な時間を。おひとりでじっくりと。特別な方とご一緒に。
是非、遊びにいらしてください。皆様のお越し、心よりお待ちしております!

――笹川美和

素晴らしいお声がけを頂きました!
笹川美和さんと出会ってからというもの、
公私ともに大切な時間を過ごさせて頂いております。
美和さんの歌声を始めて聴いたのは福岡でした。
唯一無二の歌声を耳にして、心に衝撃が走ったのを今でも覚えています。
気さくなお人柄と、月夜のような歌声。
ご一緒できるのが本当に楽しみでなりません。
お声がけ頂いたこのコンサートで、
二人の歌声が重なり合い、更に新しい世界を紡いでいくのを感じています。
沈丁花は美和さんの、撫子は私の誕生花。
違う花が同じ風に揺れる日。
私も、特別なコンサートになる予感がしています!
ぜひ、皆さまのお越しをお待ちしております。

――池田綾子

笹川美和 池田綾子 ジョイントコンサート
〜沈丁花と撫子の揺れる時〜

2016年11月3日(木・祝)
東京 キリスト品川教会 グローリア・チャペル
開場 16:30 / 開演 17:00
※全席指定 6,500円(税込)
3歳以上チケット必要、3歳未満入場不可
※一般発売 8月27日(土)10:00〜


[チケット抽選先行予約]
7月20日(水)21:00〜31日(日)23:59
eplus.jp/ms_ai16hp

[お問い合わせ]
ホットスタッフ・プロモーション
03-5720-9999(平日12:00〜18:00)
www.red-hot.ne.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015