ニュース

Schroeder-Headz、“特異点”に想いをはせた3rdアルバムをリリース

Schroeder-Headz   2016/01/14 15:32掲載
はてなブックマークに追加
 ジャンルを越えて活躍するピアニスト、渡辺シュンスケのポスト・ジャズ・プロジェクト、シュローダー・ヘッズ(Schroeder-Headz)が1月20日(水)に3rdアルバム『特異点』(VICL-64512 2,400 円 + 税)をリリースします。

 人類が未だ見ぬ宇宙の彼方“特異点”。その情景を想い描いた今作は、アコースティック・ピアノの鮮やかな響きと生演奏&プログラミング・ドラムのグルーヴを核に、アナログ・シンセサイザーのサウンドが温もりと彩りを添え、テクノロジーのなかにもヒューマニティが感じられるインストゥルメンタル・ミュージックとなりました。

 リリース後は4月9日(土)北海道・札幌 Bessie Hallを皮切りに、全国を巡る『特異点』リリース・ツアーも予定されています。詳しくはオフィシャル・サイト(schroeder-headz.com)にてご確認ください。

[渡辺シュンスケによるコンセプトノート]
『特異点』 / Singularity

「ブラックホールの中心に存在するらしい特異点。その点だけは、物理学の基準が適応できない点であるらしい。また、人工知能(AI)の行く末が危ぶまれている昨今、“知能爆発”によって、ある瞬間に人間の知能を越えてしまう点をこう呼ぶという。どちらにしても、自分の身近な生活からは遠い話のようでもあるし、当然、専門的な知識も無いので、ぼんやりと想像するしかないのだが、なぜか興味は尽きない。音楽を楽譜に表したり、現在は主流となったPCの中のグリッド上で音楽を製作する作業は、どこか、数学や物理学によって、この我々をとりまく宇宙を解明しようとする作業に似ているのかもしれない。人の心を動かす音や、演奏が、正確には楽譜には表しきれないように、宇宙に存在するという特異点にも、けしてロジックでは推し量ることの出来ない、素敵なヒミツがあるにちがいなのである。いや、あるのだ。

 ピアノとMOOGを武器に、そういった、永遠に解明できない“音楽的特異点”を追い求めて」


■2016年1月20日(水)発売
Schroeder-Headz
『特異点』

VICL-64512 2,400円 + 税

[収録曲]
01. Singularity
02. Hype
03. A Cat and Vagabond
04. Lake bed
05. Surface
06. Raindrops
07. Micro Cosmos
08. Sketch of Leaves
09. Dawn

[演奏者]
渡辺シュンスケ(pf, moog bass, programming)
千住宗臣(ds)
佐藤帆乃佳(vn)


Schroeder-Headz
3rd ALBUM『特異点』リリース・ツアー


[ワンマン公演]
2016年04月09日(土)北海道・札幌 Bessie Hall
2016年04月16日(土)京都 磔磔
2016年05月01日(日)長崎 Ohana cafe
2016年05月02日(月)福岡 INSA
2016年05月03日(火・祝)広島 LIVE JUKE
2016年05月04日(水・祝)岡山 PEPPER LAND
2016年05月06日(金)愛知 名古屋 CLUB QUATTRO
2016年06月03日(金)東京 恵比寿 LIQUIDROOM
2016年06月17日(金)石川 金沢 もっきりや
2016年06月19日(日)宮城 仙台 HooK
2016年06月26日(日)大阪 東心斎橋Music Club JANUS

[ゲストアーティスト出演公演]
2016年04月01日(金)茨城 水戸 LIGHT HOUSE
2016年04月02日(土)栃木 宇都宮 HEAVEN'S ROCK VJ-2
2016年06月25日(土)香川 高松 DIME
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015