ニュース

千住真理子、デビュー35周年記念アルバムが発売決定! 野村不動産PROUDのテレビCMもスタート

千住真理子   2009/12/28 14:57掲載
はてなブックマークに追加
千住真理子、デビュー35周年記念アルバムが発売決定! 野村不動産PROUDのテレビCMもスタート
 愛器、ストラディヴァリウス・デュランティとともに、年間100本を越えるコンサート活動を行ない、毎年、新作アルバムをリリース! 今や日本を代表するヴァイオリニストとなった千住真理子。2010年でプロ・デビュー35周年を迎える彼女、その35周年を記念したアルバム『心に残る3つのソナタ〜フランク、フォーレ&モーツァルト・ヴァイオリン・ソナタ集〜』が1月27日に発売されます。

 アルバム収録曲は、「フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ短調」「モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第28番ホ短調」、そして「フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番イ長調作品13」の3曲。彼女の中で特に思い出深い3つのソナタが収録されています。

 幼少の頃からその演奏力でクラシック界に旋風を巻き起こし、12歳でNHK交響楽団と共演、プロ・デビューを果たした千住真理子。しかし、その後の35年の歩みは決して平坦ではなく、大きな挫折を経験するなど様々な紆余曲折がありました。

 今作に収録される3曲は、そんな彼女の35年のキャリアの中で、常に彼女の心の中で鳴り続けた曲、そして支えてくれた彼女にとってかけがえのない楽曲とか。

 さらに、アルバムにはボーナス・トラックとして「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー」を収録。この曲は野村不動産PROUDのテレビCM曲に決定し、先週からオンエアがスタート!

 CMの映像はデンマークにあるフレデリクスボー城で撮影。周囲を囲む湖やバロック式の庭園などとともに美しい風景が描き出されていますが、この映像のバックに千住真理子が奏でるこの曲を起用した理由について、野村不動産PROUDの担当者は「ロケ地であるデンマーク、北欧の持つイメージと、彼女の持つ優雅さ、気品、そして印象的に奏でるヴァイオリンの旋律がPROUDの目指しているイメージとマッチし、今回演奏をお願いした」と語っています。

 歴史を刻むごとに美しく輝き、人々に感動をあたえる佇まいと、千住真理子の演奏が、野村不動産PROUDの考える「世界一の時間」というコンセプトを表現している、このCMは、野村不動産PROUDのオフィシャル・サイトにて公開中。また、このサイトでは、この曲に対する想いや、「住まい」に対する想いを語る千住真理子の動画映像も公開されていますので要チェック!

 35周年記念アルバムに続き、2月13日には東京オペラシティコンサートホールで記念コンサートも予定している千住真理子。一足先に、彼女が奏でるストラディヴァリウス・デュランティの音色をこのCMの美しい映像とともに味わいましょう。


※2010年1月27日発売
千住真理子『心に残る3つのソナタ〜フランク、フォーレ&モーツァルト・ヴァイオリン・ソナタ集〜』
(CD+DVD:TOCE-56267 税込3,500円)
【CD曲目】
01. ヴァイオリン・ソナタ イ長調(フランク)
02. ヴァイオリン・ソナタ 第28番 ホ短調 K.304(300c)(モーツァルト)
03. ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ長調 作品13(フォーレ)
<ボーナス・トラック>
サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー(野村不動産PROUD CM曲)
【特典DVD】
G線上のアリア(J.S.バッハ)、愛の挨拶(エルガー)+スペシャル・インタビュー

●デビュー35周年記念コンサート
2010年2月13日(土)
東京オペラシティコンサートホール
※お問合せ先:ジャパン・アーツぴあ(03-5237-7711)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015