ニュース

渋さ知らズオーケストラ、愛知県知立市でワークショップ + コンサートを開催

渋さ知らズ   2017/12/28 12:28掲載
はてなブックマークに追加
渋さ知らズオーケストラ、愛知県知立市でワークショップ + コンサートを開催
 フリージャズを基調にジャンルレスで圧倒的なパフォーマンスを繰り広げる音楽集団「渋さ知らズオーケストラ」が、2018年2月12日(月・祝)に愛知県・知立 パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)にてワークショップとコンサートが一体化したイベント〈しみん音楽会 渋さ知らズオーケストラ in Chiryu〉を開催します。

 このイベントは、“聴いて見るより、参加したほうが面白い!”を合い言葉に、現在広く参加者を募集中。コンサートに先立ち、2月9日(金)から11日(日)までの3日間、渋さのメンバーが講師となり、「音楽組」「美術組」「踊り組」の3つのワークショップを開催。「音楽組」は、手にもって動けるアコースティック楽器なら何でも参加可能。「美術組」は、舞台美術に興味がある人、渋さの世界観に魅了された人、ステージを一緒に作り上げたい人を募集。「踊り組」は、渋さの演劇的な側面が大好きな人、とにかく踊って自己表現をしたい人なら舞踏派でもダンス派でも参加できます。また、このワークショップ参加者は、2月12日の本公演に出演者として参加し、“祝祭的”な渋さの公演がステージで体験できる貴重な機会となっています。ワークショップには参加しなくても、公演だけの観覧も可能。ワークショップの参加方法、公演の詳細はパティオ池鯉鮒のホームページでご確認ください。

しみん音楽会 渋さ知らズオーケストラ in Chiryu
2018年2月12日(月・祝)
開場 16:30 / 開演 17:00
愛知 知立 パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)かきつばたホール
2,000円(一般)

※ワークショップは2月9日(金)・10日(土)・11日(日)に開催
参加費: 1,000円(一般)


※お問い合わせ、参加申し込み: パティオ池鯉鮒
www.patio-chiryu.com/event/syousai.html?s=4570
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015