ニュース

菊地雅章以来日本人で2人目となるECM発ジャズ・アーティスト福盛進也がデビュー

Shinya Fukumori Trio   2018/02/20 14:15掲載
はてなブックマークに追加
 1960年代ジャズ・シーンの中心で活躍した故菊地雅章以来、日本人では2人目となるECM発のジャズ・アーティスト福盛進也(dr)が、ドイツのピアニスト、ウォルター・ラングと、フランスのサックス奏者マチュー・ボルデナーヴと組む“Shinya Fukumori Trio”でのデビュー・アルバム『フォー・トゥー・アキズ』リリース。日本盤(UCCE-1171 2,500 円 + 税)が3月28日(水)に発売されます。

 福盛は15歳でドラムを始め、17歳の時に芸術高校にて音楽を学ぶために単身で渡米。その後ブルックヘブンカレッジ、テキサス大学アーリントン校を経て、ボストンのバークリー音楽大学を卒業。10年間のアメリカでの活動後、2013年に拠点をドイツ・ミュンヘンに移し欧州各国での活動を開始しています。本作はマンフレート・アイヒャー自ら制作に携わったECMファン注目の作品。

 Shinya Fukumori Trioはこのアルバムを携え、3月31日(土)の東京・新宿 Pit Innを皮切りに〈“For 2 Akis”Japan Tour 2018〉を開催。4月1日(日)岡山・城下公会堂、3日(火)大阪・阿倍野区民センター・小ホール、5日(木)愛知・名古屋 JAZZ茶房愬、6日(金)神奈川・横浜エアジン、7日(土)東京・渋谷 L'atelier の全6公演が予定されています。



■2018年3月28日(水)発売
Shinya Fukumori Trio
For 2 Akis

UCCE-1171 2,500 円+税

[収録曲]
01. Hoshi Meguri No Uta
02. Silent Chaos
03. Ai San San
04. For 2 Akis
05. The Light Suite: Kojo No Tsuki - Into The Light - The Light
06. No Goodbye
07. Spectacular
08. MAngetsu No Yube
09. Emeraude
10. When The Day Is Done
11. Hoshi Meguri No Uta
 
[演奏]
福盛進也(dr)
ウォルター・ラング(pf)
マチュー・ボルデナーヴ(sax)


SONG X LIVE 054
Shinya Fukumori Trio“For 2 Akis”Japan Tour 2018


2018年3月31日(土)
東京 新宿 Pit Inn
開場 19:30 / 開演 20:00
www.pit-inn.com

2018年4月1日(日)
岡山 城下公会堂
開場 17:30 / 開演 18:00
TBA

2018年4月3日(火)
大阪 阿倍野区民センター・小ホール(全自由席)
開場 18:30 / 開演 19:30
www.jazgra.com

2018年4月5日(木)
愛知 名古屋 JAZZ茶房 愬
開場19:00 / 開演 19:30
www.facebook.com/pages/JAZZ茶房-愬/152489761447111
青猫 052-776-5624
ピアノハウスエムエムジー 052-806-3023

2018年4月6日(金)
神奈川 横浜エアジン
開場 19:00 / 開演 19:30
www.airegin.yokohama/contact.html

2018年4月7日(土)
東京 渋谷 L'atelier
TBA
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015