ニュース

初演100周年、サイモン・ラトル&ベルリン・フィルによる『春の祭典』が登場!

サイモン・ラトル   2013/03/22 15:35掲載
はてなブックマークに追加
 ストラヴィンスキーのバレエ音楽『春の祭典』が初演されてから今年で100年。記念すべき年に、サイモン・ラトル(Simon Rattle)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団による決定的名演が誕生しました! このコンビによる最新録音『ストラヴィンスキー:春の祭典』(TOGE-11089 税込3,300円)が3月27日に発売されます。

 『春の祭典』は『火の鳥』『ペトルーシュカ』と並ぶストラヴィンスキーの三大バレエ作品のひとつ。原始の自然を描いた曲の題材や、それまでの伝統に根ざした音楽にはない不協和音や斬新なリズムと振り付けは、1913年5月の初演時に観客の暴動を巻き起こし、20世紀音楽史上最大のスキャンダルとなりました。

 当アルバムには『春の祭典』のほか、同じくストラヴィンスキーの『管楽器のためのシンフォニー』と『ミューズの神を率いるアポロ』も収録。日本先行発売、しかもSAC-CDハイブリッド盤でのリリースです。

 なお、ラトルとベルリン・フィルは今年11月の来日公演でも『春の祭典』を演奏する予定です。

※3月27日発売
サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
『ストラヴィンスキー:春の祭典』

(TOGE-11089 税込3,300円 / SA-CD HYBRID)

[収録曲]
ストラヴィンスキー
01. バレエ音楽『春の祭典』
02. 管楽器のシンフォニーズ
03. バレエ音楽『ミューズの神を率いるアポロ』
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
[インタビュー] 魚返明未&井上 銘、ピアニストとギタリスト、同い年で旧知の二人による和らぎのデュオ・アルバム[特集] ウエスト・サイド・ストーリー OST 名作ミュージカルをスピルバーグ監督が新たに映画化永遠の輝きを放つその音楽の魅力
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015