ニュース

ソロ・メジャー・デビューを迎えたSKY-HI (AAA日高光啓)が全国ツアーを発表!

SKY-HI(日高光啓 / AAA)   2013/08/08 15:30掲載
はてなブックマークに追加
ソロ・メジャー・デビューを迎えたSKY-HI (AAA日高光啓)が全国ツアーを発表!
 ついにソロ・メジャー・デビューを迎えたラッパー・SKY-HIAAA / 日高光啓)が早くも2014年の全国ツアーの開催を発表しました。

 CD店着日となった8月6日、デビュー・シングル「愛ブルーム / RULE」には「全国ツアー開催」という文字が大きく記された封入チラシが。即座にフラゲしたファンなどからツイッターなどを通して話題が拡散しました。現在発表されている内容によると、2月8日の仙台Rensaを皮切りに、東京Zepp DiverCity Tokyoでのファイナルまで約1ヵ月をかけて全国8ヵ所を廻る予定となっています。

 そして、同6日には国立代々木競技場第一体育館にて行なわれた〈a-nation island〉にSKY-HIとして出演。前日5日にはAAAとして出演し堂々の大トリを飾っているため、2日連続の参戦となりました。ただ、この日はあくまでSKY-HI名義。メジャー・デビューを翌日に控えた新人アーティストとして、KEITADEEPGENERATIONS from EXILE TRIBEなど超豪華メンツのなかでの大舞台。

 しかし、今月2日の〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL〉でもその比類なきスキルとエンタテインメント性によって憧れだったフェスをロックした“型破りの新人アーティスト”はこの日も独自のショーケースを展開。お馴染みとなったマスクを付けての登場で注目を集めると、いきなりメジャー・デビュー曲「愛ブルーム」を披露。アウトロから巧妙な煽りで「そばにいるだけで」に繋げ、息つく間も与えず、客席をSKY-HIワールドに。

 後半戦に入ると「踊れるラッパーだってところを見せておくよ」と宣言。ダンサー4人を従えての曲を立て続けに披露し、既存のラッパー・イメージを超越したそのパフォーマンスで初めてSKY-HIを観るオーディエンスを圧倒。そして、ラスト曲「Tumbler」では「みんな自分の好きなアーティストのタオルを見せ付けてくれよ」と独自のユーモア溢れるホスピタリティで観客を煽り、代々木アリーナ中がタオルを回す最高潮の盛り上がりに。a-nationデビュー戦とは到底思えない貫禄のステージで魅了しました。

 さらにはSKY-HIの次に登場したこの日の大トリ・KEITAのステージにも飛び入り参加。盟友とともにコラボ曲「Slide 'n' Step」を披露し、会場のボルテージをクライマックスにいざないました。待望のソロ・メジャー・デビューを迎え、型破りな新人アーティストの伝説はようやく始まったばかりです。

■2013年8月7日(水)発売
SKY-HI
「愛ブルーム / RULE」

CD+DVD AVCD-48722〜B 税込1,890円
CD AVCD-48723 税込1,050円

[CD 収録予定内容]
01. 愛ブルーム
02. RULE
03. 愛ブルーム(Instrumental)
04. RULE(Instrumental)
05. 愛ブルーム(acappella)
06. RULE(acappella)

[BONUS TRACK(AVCD-48723のみ収録)]
07. JOY & RICH

[DVD 収録予定内容]
01. 愛ブルーム(Music Clip)
02. 愛ブルーム(Music Clip Short Making)

SKY-HI TOUR 2014 開催決定!
2月8日(土)宮城 仙台 Rensa
2月9日(日)新潟 LOTS
2月14日(金)鳥取 米子 AZTiC laughs
2月15日(土)大阪 なんばHatch
2月22日(土)福岡 DRUM LOGOS
2月23日(日)広島 ナミキジャンクション
3月1日(土)愛知 名古屋 ダイアモンドホール
3月9日(日)東京 Zepp DiverCity Tokyo
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015