ニュース

今年のSMAP SHOPは“RUNNING SMAP!”

SMAP   2011/11/25 15:22掲載
はてなブックマークに追加
今年のSMAP SHOPは“RUNNING SMAP!”
 CDデビュー20周年を迎えた2011年、西武園イベントをはじめ、各地で行なわれたファンミーティング、初の海外公演となった北京工人体育場、そして11月12日、13日の東京ドームで各日5万5千人をあつめたファンパーティと、様々な形でファンとの交流を深めてきたSMAP。今年のSMAP SHOPは「RUNNING SMAP!」とテーマを掲げ、akasaka Sacasにオープン! 期間は、12月8日(木)〜2012年1月9日(月・祝)まで。

 店内は「RUNNING SMAP!」のコンセプトに合わせた新たなデザインとなっており、キービジュアルはメンバーそれぞれをイメージしたカラーのスニーカーが、店内の床面には陸上のトラックを模したデザインが配されています。店内へ設置されるモニターには、SMAPのデビュー当時からの映像が流れる予定となっており、SMAPが走り続けてきた「RUNNING SMAP!」の軌跡を体感できる試みも! さらには、メンバーの衣装展示がランニングマシーンの上に設置され、またメンバーの実物大の足型が展示されるなど、例年以上にコンセプチュアルな内装となっているとのこと。

 また、SMAP SHOPでは今年もさまざまなオリジナル・グッズを販売予定。初の海外公演の模様をダイジェスト収録したDVD『THANKS FOR BEIJING!』のショップ限定ジャケットをはじめ、寒い季節にピッタリのブランケットや、北京でのメンバーの模様を収めたフォトブック、SMAP SHOP初登場アイテムとなるペンセットなど、ココでしか入手できない限定グッズがもりだくさん! さらに今年も感謝の気持ちをこめた390円CDが発売! 奮って会場へ。


<稲垣吾郎からのコメント>
「僕も毎年遊びにいっているSMAP SHOPですが、今年のテーマは『RUNNING SMAP!』。ということで、僕たちSMAPは、皆さんとともにまだまだ走り続けたいと思います。皆さん是非ショップに遊びに来てください」

<SMAP SHOP 2011 RUNNING SMAP! in akasaka Sacas>
●期間:12月8日(木)〜2012年1月9日(月・祝)
●営業時間:11:00〜21:00
●場所:akasaka Sacas内
《販売予定商品》
DVD「THANKS FOR BEIJING!」(SMAP SHOP限定ジャケット)
・SMAP SHOP限定CD
・SMAP SHOP限定 フォトブック
・SMAP SHOP限定 グリーティングカードセット
・SMAP SHOP限定 ブランケット
・SMAP SHOP限定 ハンカチ
・SMAP SHOP限定 カフェマグ
・SMAP SHOP限定 ペンセット
・12月21日発売 ニューシングル「僕の半分」
ほか関連商品
《店内展示品》
・メンバー着用 衣装(数着)
・店内モニターにてメンバーコメント放映
ほか展示コーナー予定
※お問い合わせ先:SMAP SHOP運営事務局 03-3475−1441
月〜土 12:00〜18:00
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』
[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る
[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』
[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動
[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015