ニュース

今年のSMAP SHOPは“RUNNING SMAP!”

SMAP   2011/11/25 15:22掲載
はてなブックマークに追加
今年のSMAP SHOPは“RUNNING SMAP!”
 CDデビュー20周年を迎えた2011年、西武園イベントをはじめ、各地で行なわれたファンミーティング、初の海外公演となった北京工人体育場、そして11月12日、13日の東京ドームで各日5万5千人をあつめたファンパーティと、様々な形でファンとの交流を深めてきたSMAP。今年のSMAP SHOPは「RUNNING SMAP!」とテーマを掲げ、akasaka Sacasにオープン! 期間は、12月8日(木)〜2012年1月9日(月・祝)まで。

 店内は「RUNNING SMAP!」のコンセプトに合わせた新たなデザインとなっており、キービジュアルはメンバーそれぞれをイメージしたカラーのスニーカーが、店内の床面には陸上のトラックを模したデザインが配されています。店内へ設置されるモニターには、SMAPのデビュー当時からの映像が流れる予定となっており、SMAPが走り続けてきた「RUNNING SMAP!」の軌跡を体感できる試みも! さらには、メンバーの衣装展示がランニングマシーンの上に設置され、またメンバーの実物大の足型が展示されるなど、例年以上にコンセプチュアルな内装となっているとのこと。

 また、SMAP SHOPでは今年もさまざまなオリジナル・グッズを販売予定。初の海外公演の模様をダイジェスト収録したDVD『THANKS FOR BEIJING!』のショップ限定ジャケットをはじめ、寒い季節にピッタリのブランケットや、北京でのメンバーの模様を収めたフォトブック、SMAP SHOP初登場アイテムとなるペンセットなど、ココでしか入手できない限定グッズがもりだくさん! さらに今年も感謝の気持ちをこめた390円CDが発売! 奮って会場へ。


<稲垣吾郎からのコメント>
「僕も毎年遊びにいっているSMAP SHOPですが、今年のテーマは『RUNNING SMAP!』。ということで、僕たちSMAPは、皆さんとともにまだまだ走り続けたいと思います。皆さん是非ショップに遊びに来てください」

<SMAP SHOP 2011 RUNNING SMAP! in akasaka Sacas>
●期間:12月8日(木)〜2012年1月9日(月・祝)
●営業時間:11:00〜21:00
●場所:akasaka Sacas内
《販売予定商品》
DVD「THANKS FOR BEIJING!」(SMAP SHOP限定ジャケット)
・SMAP SHOP限定CD
・SMAP SHOP限定 フォトブック
・SMAP SHOP限定 グリーティングカードセット
・SMAP SHOP限定 ブランケット
・SMAP SHOP限定 ハンカチ
・SMAP SHOP限定 カフェマグ
・SMAP SHOP限定 ペンセット
・12月21日発売 ニューシングル「僕の半分」
ほか関連商品
《店内展示品》
・メンバー着用 衣装(数着)
・店内モニターにてメンバーコメント放映
ほか展示コーナー予定
※お問い合わせ先:SMAP SHOP運営事務局 03-3475−1441
月〜土 12:00〜18:00
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015