ニュース

SPOILMAN、数日で売り切れ状態となった傑作ライヴ盤が2ndプレスでリリース

SPOILMAN   2024/07/10 13:14掲載
はてなブックマークに追加
SPOILMAN、数日で売り切れ状態となった傑作ライヴ盤が2ndプレスでリリース
 東京オルタナ / グランジの希少種バンド“SPOILMAN”が2023年に都内公共施設で行なった初のフリー・ワンマン・ライヴを完全収録し、リリース後数日で売り切れ状態となっていた2枚組ライヴ盤『20231223 Live at 滝野川西区民センター』の2ndプレスが7月12日(金)に発売されます。

 USグランジやポストハードコアの影響を受け、ジーザス・リザードへのリスペクトを公言し、その変態性も受け継ぐ一方、高い演奏力に裏打ちされた表現力、ギターリフのキラーさ、リズムとビートの鮮やかさ、無駄を削ぎ落としたシンプルな音数が生み出す硬質なサウンドと切れ味を誇るSPOILMAN。アルバム制作のスピードも特徴的で、2020年から毎年ペースでアルバムを発表。とくに2023年は、3枚のアルバムを発表し、うち、2枚のアルバム『UNDERTOW』『COMBER』を同時リリース後、都内でのライヴ活動と並行して東北、北海道、九州、関西へと積極的な全国ツアーも敢行。その集大成として同年の12月23日に都内の公共施設を借り切ってフリーライヴが開催されました。

 多くのオーディエンスが詰め掛けたこの日のライヴは全23曲、90分に渡る熱演が展開。ジーザス・リザードやシェラック54-71といったノイズロック、ポストハードコア、オルタナティヴロックを引き合いに語られる彼らですが、低予算の楽器機材でありながら高い演奏力と何割かの遊び心を以て楽曲を鳴らすライヴアクトの爆発力には、特定音楽ジャンルに限定されない普遍的な魅力も。本作『20231223 Live at 滝野川西区民センター』は、そんなライヴ・バンドとしてのSPOILMANの魅力にフォーカスされた仕上がりとなっています。

 ライヴ当日のPAはこれまでのSPOILMANのレコーディングに関わってきた沼田氏(Mannish Recording Studio)が、過去リリース作品と同様に録音からミックス・マスタリングまでを担当し、当日の空気感を見事に記録・再現。その録音の生々しさにより、スタジオ作品以上にダイナミズムあふれる演奏が体感できる仕上がりです。今回、リリース後、数日で売り切れ状態となっていた1stプレス盤が、装いを変えて2ndプレス盤として再登場。1stプレスの重厚感はそのままにLサイズケースの黒ボディとシルバー箔押し仕様、こだわりのジャケットで表現された作品としてリリースされます。



■2024年7月12日(金)発売
SPOILMAN
『20231223 Live at 滝野川西区民センター』2ndプレス

longlegslongarms.jp/3la_releases/49/spoikman_live.html

[tracklist]
Disc1
01. Garland House
02. Christmas Song
03. Ultima Thule
04. Swimming Below
05. Drunken Man
06. Flock Of Seagulls
07. Banyan Seeds
08. Night Fence
09. Lilac Purfume
10. Tiramisu
11. Sleepwalker
12. Fantastic Car Sex

Disc2
13. Amaryllis
14. Declaration
15. Inner Haze
16. Little Ripper
17. Harmony
18. Pure Puke
19. AlterEgo OverDrive
20. Eucalyptus Hole
21. Super Pyramid Schems
22. NES
23. Cairo
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] YOYOKA    世界が注目する14歳のドラマーが語る、アメリカでの音楽活動と「Layfic Tone®」のヘッドフォン[インタビュー] 松尾清憲 ソロ・デビュー40周年 めくるめくポップ・ワールド全開の新作
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015