ニュース

唐突過ぎる悲報

ステレオラブ   2002/12/12掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
唐突過ぎる悲報
幻想的で未来的、サイケでデジタルなのに、60's的な懐かしさを感じさせる音。そんな風に評されることの多い、オリジナリティ豊かで創造的な音楽を作り出すバンドとして絶大な人気を誇るステレオラブ。そのギタリストで、2ndヴォーカルのメアリー・ハンセンが12月9日、交通事故のため36歳の若さで他界しました。

 メアリーは2ndアルバム『スペース・エイジ・バチェラー・パッド・ミュージック』からステレオラブに参加、キュートなルックスと特徴的なバック・コーラスで人気を博しており、メイン・ヴォーカルであるレティシア・サディエールとのコンビネーションはステレオラブ・サウンドの中核をなしていたと言えるでしょう。ステレオラブは彼らの公式HPで"We will all miss her dearly. Stereolab" と、彼女の早すぎる永眠に哀悼の意を表しています。

 そのステレオラブが今秋に発表した『ABC Music/BBC The Radio 1 Sessions』の日本盤のリリースが決定しました。英国BBC放送用に録音したライヴ音源をコンパイルしたもので、デビュー前の音源から2001年の音源までを収録した2枚組。ここ最近の曲はあまり収録されていないものの、ステレオラブの歴史を知るにはうってつけの内容です。収録曲目の詳細は未発表ですが、国内盤にはUK盤より2〜3曲多く収録される模様であり、すでにUK盤を購入した方も買い直しを検討してはいかがでしょうか(勿論、筆者は買い直します)。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015