ニュース

スティーヴ・ガッドがマイケル・ランドウら擁する自身のバンドで9月に来日公演を開催

スティーヴ・ガッド(Steve Gadd)   2018/06/20 12:57掲載
はてなブックマークに追加
スティーヴ・ガッドがマイケル・ランドウら擁する自身のバンドで9月に来日公演を開催
 完璧なテクニック、至高の音色、唯一無二のグルーヴでファンを魅了する“ドラムの神様”ことスティーヴ・ガッド(Steve Gadd)が、マイケル・ランドウケヴィン・ヘイズジミー・ジョンソンウォルト・ファウラーと組む自身のバンド“スティーヴ・ガッド・バンド”で来日。9月3日(月)愛知・名古屋 BLUE NOTE、9月6日(木)から9日(日)までの4日間、東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて公演を行ないます。

 ガッドは、1970年代から活動。スタッフガッド・ギャングなどを経て、1995年から2015年にかけてはエリック・クラプトンのツアー・バンドでも演奏。スティーヴ・ガッド・バンドはランドウらジェームス・テイラー・バンドの同僚と結成したユニットで、今年4月にリリースした最新作『スティーヴ・ガッド・バンド』(VICJ-61773 2,400円 + 税)ではメンバーの自作曲に加え、2017年に逝去した英国のギター奏者アラン・ホールズワースの楽曲も取り上げています。

 座席の予約は名古屋BLUE NOTEが6月25日(月)、BLUE NOTE TOKYOはJam Session会員が6月21日(木)、一般Web先行が6月28日(木)、一般電話が7月1日(日)よりそれぞれ受付開始。詳しくは各店舗のオフィシャル・サイトでご確認ください。

スティーヴ・ガッド・バンド・ジャパン・ツアー 2018
featuring マイケル・ランドウ、ケヴィン・ヘイズ、ジミー・ジョンソン&ウォルト・ファウラー


9月3日(月)
愛知 名古屋 BLUE NOTE
www.nagoya-bluenote.com/schedule/201809.html#0903

9月6日(木)〜9日(日)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
www.bluenote.co.jp/jp/artists/steve-gadd

[メンバー]
スティーヴ・ガッド(ds)
マイケル・ランドウ(g)
ケヴィン・ヘイズ(key)
ジミー・ジョンソン(b)
ウォルト・ファウラー(flgh,tp)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース
[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』
[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは
[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』
[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌
[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場[インタビュー] 歌詞の背景にある世界まで表現したい――城田優が誘う、華麗なるミュージカルの世界
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015