ニュース

鈴木雅之、ゴスペラーズ、CHEMISTRY、リトグリらが豪華共演〈SOUL POWER〉開催

鈴木雅之   2019/08/22 14:40掲載
はてなブックマークに追加
鈴木雅之、ゴスペラーズ、CHEMISTRY、リトグリらが豪華共演〈SOUL POWER〉開催
 日本における“ソウルの祭典”として毎年夏に東京と大阪で行なわれているソウル・ミュージック・イベント〈SOUL POWER SUMMIT〉。14回目を迎える2019年は、初めて横浜を舞台に〈ヨコハマ SUMMIT〉として8月19日と20日の2日間に開催。会場となった神奈川・横浜 パシフィコ横浜国立大ホールには、第1回からホストとして牽引している“ラヴソングの王様”鈴木雅之ゴスペラーズSkoop On Somebodyの“ソウル・トライアングル”のほか、バブルガム・ブラザーズ大黒摩季CHEMISTRYLittle Glee MonsterDANCE☆MANらが集い、カテゴリーや世代を越えた様々なアーティストたちが3時間半強にわたってソウルの絆を分かち合いました。

 19日、20日ともにトップバッターはバブルガム・ブラザーズ。早速ミラーボールが回り始めると“往年のディスコ”にタイムスリップ。続くSkoop On Somebodyは、パーティータイムから一気にメロウなムードへといざなって、観客を極上のグルーヴで酔わせるステージに。ヴォーカルのTAKEが語った「魂から歌を奏でる人はみんなソウル・ミュージシャンだから」というポリシーに、大きな拍手が沸き起こりました。大黒摩季は自身がそれほど“ソウル”のイメージをもたれていないのを知ってか、「たまたま売れちゃった曲でロックの人みたいになっちゃったけど」と苦笑いしながら、“張り芸”と自称するエネルギッシュなハイトーン・ヴォイスでヒット曲を披露すると、このイベントの影の立役者ともいえるDANCE☆MANは、ユーモア溢れるファンキーなステージを展開。

 以降も、得意のヴォーカル力でしっとりと聴かせるCHEMISTRYや、3年ぶりの出演で清涼感溢れるスキルフルなパフォーマンスを繰り広げたLittle Glee Monsterといった面々が華やかにイベントを盛り上げていき、来年にデビュー40周年を迎える鈴木雅之は、今年2月に他界したザ・キングトーンズのリーダー、内田正人へのトリビュートも。“キングトーンズ、Forever!”の言葉には、脈々と受け継がれてきた音楽への感謝とこれからも受け継いでいくという決意が表われていました。トリを飾ったのは、今年がメジャー・デビュー25周年となるゴスペラーズ。外務省から世界に発信されている“令和”の正式な名称=“Beautiful Harmony”を会場全体でハモらせて、これまでハーモニーにこだわり、世界にハーモニーを広げる活動を継続していることになぞらえて「いやー、ゴスペラーズの時代がきました」「追い風吹いてます」とジョークも混ぜながら、アニバーサリー・イヤーに相応しい新旧取り混ぜてのラインナップで、軽やかなステップとエネルギッシュな歌唱で、会場に“ソウルパワー”をみなぎらせていました。

 〈SOUL POWER〉は8月31日(土)と9月1日(日)の両日、大阪・中之島 グランキューブ大阪で大阪公演〈NANIWA SUMMIT〉を開催。鈴木雅之、ゴスペラーズ、Skoop On Somebodyらおなじみのメンバーに加え、8月31日にはCHEMISTRY、大黒摩季、9月1日にはw-inds.、矢井田 瞳の出演が予定されています。大阪公演の詳細はオフィシャル・サイトをご確認ください。

拡大表示拡大表示拡大表示


SOUL POWER SUMMIT
soulpowersummit.info
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015