ニュース

高田漣が話題のCM曲収録のミニ・アルバムとベスト盤を同時リリース!

高田漣   2007/04/27掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 「プリングルズ グルメ」に「エビス ザ・ホップ」といったCMに出演&演奏していることでこれまでとは違ったファン層にもその魅力をアピールしている高田漣。アコースティック・スティール・ギターのゆるゆるとあたたかく、ほろほろとせつないオーガニックなサウンドが楽しめるCM曲収録のミニ・アルバムと、ベスト盤と未発表ライヴ音源で構成された2枚組のアルバムが5月30日に同時発売されます。

 ミニ・アルバム『Evening on this island』(VACM-1308 \1,575(税込))には、原田郁子がバッキング・ヴォーカルで参加した「プリングルズ グルメ」CM曲「Blues dream/空想のブルース」に「エビス ザ・ホップ」CM曲「第三の男」などを収録。鈴木正人(b/リトル・クリーチャーズほか)、芳垣安洋(ds/ROVOほか))という強力なアーティストとともにセッション形式で収録したフル・アコースティック作となっています。

 一方、ベスト&未発表ライヴ音源の『Ballads-anthology of early years-』(NGCA-1028〜9 \2,500(税込))はSAKEROCKの星野源が選曲した12曲と、2003年6月5日に南青山マンダラで行なったライヴの未発表音源が収録されます。ちなみにこのライヴには鈴木惣一朗(ds/ワールドスタンダード)、桜井芳樹(g/ロンサム・ストリングス)、山本哲也(key)といった『LULLABY』(写真)のレコーディング・メンバーが参加しています。



2点共に2007年5月30日発売
高田漣『Evening on this island』
VACM-1308 \1,575(税込)

1.Blues dream/空想のブルース
2.Morning dew/朝霧
3.The third man/第三の男
4.Evening on this island/黄昏時に
5.Chopin medley/ショパンのメドレー
6.The rusty old trailer/ザ・ラスティ・オールド・トレイラー

高田漣『Ballads-anthology of early years-』
NGCA-1028〜9 \2,500(税込)
[Disc 1]〈ベスト〉
01.Instrumental 2
02.Lovers For Life
03.When She Loved Me
04.Chanson Pour Les Enfants L'hiv
05.Yellow Man
06.The Good Thing
07.Aji
08.Sparko's Rumba
09.Ponte De Areia
10.Wonderful World
11.Domino 438
12.Toledo

[Disc 2]〈LIVE〉
1.Hallelujah
2.When She Loved Me
3.California
4.What Cha Gonna Do
5.相子(Taborna Split) (高田渡ヴァージョン)
6.Yellow Man
7.Ponta De Areia〜Two Soldiers
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015