ニュース

スペシャル・ユニットも結成 〈M-line Special 2021〜Make a Wish!〜〉開催

高橋愛   2021/06/21 13:47掲載
はてなブックマークに追加
スペシャル・ユニットも結成 〈M-line Special 2021〜Make a Wish!〜〉開催
 ハロー!プロジェクトOGを中心としたライヴ・イベント〈M-line Special2021〜Make a Wish!〜〉の振替公演が6月20日(日)に東京・中野サンプラザにて開催。オフィシャル・リポートが到着しました。

 この日の公演では、モーニング娘。OGの高橋愛田中れいなと、PINK CRES.夏焼雅によるスペシャル・ユニット“たいやき たべたの なんで?”(ユニット名は「た」かはしあい、「た」なかれいな、「な」つやきみやびの頭文字をとったそう)による、「およげ!たいやきくん」をサプライズでライヴ初披露。また、ゲスト出演した譜久村聖(モーニング娘。'21)によるKANのカヴァー「エキストラ」もライヴ初披露されました。

 そのほか、道重さゆみ・田中れいな・譜久村聖による「セクシーキャットの演説」、夏焼雅・譜久村聖による「恋はひっぱりだこ」、田中れいな・譜久村聖による「The 摩天楼ショー」、夏焼雅・宮本佳林による「黄色いお空で BOOM BOOM BOOM」、道重さゆみ・田中れいなによる「私の時代!」「大きい瞳」など、内容ももりだくさん。ラストは高橋愛も加わって「シャボン玉」でしめくくりました。

 なお、〈M-line Special 2021〜Make a Wish!〜〉は全国各地で7月まで開催予定。また、たいやき たべたの なんで?の「およげ!たいやきくん」と、譜久村の「エクストラ」は配信もスタートしています。

[オフィシャル・リポート]
 ハロー!プロジェクトを卒業したアーティスト達が集うライブイベント〈M-line Special2021〜Make a Wish!〜〉の振替公演が6月20日(日)に中野サンプラザにて開催された。この日の公演では、モーニング娘。OGの高橋愛・田中れいな・PINK CRES.の夏焼雅によるスペシャルユニット「たいやき たべたの なんで?」が楽曲「およげ!たいやきくん」をライヴ初披露。またゲスト出演した譜久村聖(モーニング娘。'21)が KANの楽曲カヴァーとなる「エキストラ」をライヴ初披露し会場を盛り上げた。

 当日は会場に十分な感染防止対策をおこない公演ごとに1,000人を動員。小片リサによるオープニングアクトを経て、当日のフルメンバー(道重さゆみ、田中れいな、PINK CRES.、宮本佳林)で「彼と一緒にお店がしたい」「アレコレしたい!」の2曲披露からライヴに突入する。

 前半はゲストの譜久村聖をステージに迎え、譜久村が様々なメンバーと組むユニットブロックに。夏焼とのシンメトリーが新鮮な「恋はひっぱりだこ」に続き、田中とのペアでモーニング娘。時のアグレッジブさを蘇らせる「The 摩天楼ショー」、道重が“これまでで一番万全のものをお見せできました”と語った道重・譜久村ペアでの「好きだな君が」、そして道重・田中・譜久村の3人による「セクシーキャットの演説」。曲後のMCでは道重・田中・譜久村の3人がそれぞれ身近なところで猫を飼っているという話題になり、楽曲のしなやかな振り付けを“猫を飼っているからこそできた動き”と振り返った。

 ここで、譜久村のソロによるKANの名曲バラード「エキストラ」がライヴ初披露。ピアノのシンプルな音数に、譜久村の染み渡るような繊細な歌声が観客へと届けられた。このソロ・カヴァーは21日0時よりiTuneでの配信もスタートする。

 バラードでしんみりしていたところで、次曲「チュッ! 夏パ〜ティ」では道重・小林・宮本の3人が曲頭から一気に流れを覆しお祭り騒ぎをみせる。宮本は直後にソロで自身の新曲「愛してるの言葉だけで」を披露。さらに、今月6月30日をもって解散する PINK CRES.はこのステージでメジャー1stシングル曲「ルーレット」を披露。オシャレなルックスでありながらラップも交えた強かなパフォーマンスを放つ、PINK CRES.らしさを凝縮した一幕をみせた。

 後半戦では、田中による「Rockの定義」、道重による「OK!生きまくっちゃえ」とソロ曲を連発。田中・夏焼・二瓶のコラボでの「BABY! 恋に KNOCK OUT!」、夏焼・宮本による「黄色いお空で BOOM BOOM BOOM」と続き、次曲へ入るというところでステージに新たな人影が加わる。

 楽曲イントロが流れ出し、ステージに現れたのはシークレットゲストの高橋愛。田中れいな・夏焼雅も加えた3人でのパフォーマンスがノーアナウンスで始まり会場からどよめきが起こる中、「およげ!たいやきくん」が“およげダンス”の振り付けとともにライヴ初披露された。じつはこの「およげ!たいやきくん」カヴァーは、アーティストの正体を隠したまま5月28日よりUSENなどでオンエア展開され話題となっていたもの。原曲は1976年にリリースされ“日本で一番売れたシングル“曲でもある。オンエアにあたり付けられたユニット名は「たいやき たべたの なんで?」。“たいやき”(た)かはし、“たべたの”(たなか)、“なんで”(な)つやきの3名の頭文字から引用しているとのこと。この3名でのユニット結成は今回が初であり、曲後のMCでは3人も「今までこういった発表の仕方をしたことがなかったので、オンエア後はSNSの反応を見て“バレてるバレてる”と楽しんでいましたが、やっと発表することができました!」と口々にコメントしていた。なお3人は今後もコミカルな作品での活動が予定されている模様だ。

 ライヴも終盤にさしかかり、ラスト直前には道重・田中のモーニング娘。6期メンバー組による「私の時代!」「大きい瞳」の生ライヴ披露へ。また“6期MCのコーナー”でも勝手知ったる2人同士、「『キャンディークラッシュ』にのめり込み過ぎてマズいから、逆にアプリ削除したほうがいいんじゃないかと思ってる」という道重に「今この場所でわざわざそれを言うってことは、れいなにそれ消せってことだよね?」と田中が絡みにいくなど、掛け合いの応酬に会場からもこらえきれない笑いがもれていた。

 ラストブロックは出演6人全員での「恋の呪縛」、そして譜久村を加えての「ワクテカTake a chance」。そうそうたる面々で会場を盛り上げ、ラストはとどめに高橋愛も加わっての「シャボン玉」。8人の迫力満点なアピールで会場を圧倒してライヴを締めくくった。

 今年1月からスタートした〈M-line Special 2021〜Make a Wish!〜〉は、今後全国各地をまわりつつ7月までの開催が予定されている。また20日21時からは「たいやき たべたの なんで?」による「およげ!たいやきくん」ミュージックビデオがYouTube M-line Music チャンネルにて公開となった。楽曲配信は譜久村聖による「エキストラ」のカヴァーと同様、6月21日(月)0時よりスタートとなる。
























■2021年6月21日(月)配信開始
たいやき たべたの なんで?
「およげ!たいやきくん」

up-front-works-sp.com/mlinemusic

■2021年6月21日(月)配信開始
譜久村聖
「エキストラ」

helloproject.com/news/13298

〈M-line Special 2021〜Make a Wish!〜〉昼公演セットリスト
2021年6月20日(日)東京 中野サンプラザ
出演: 道重さゆみ / 田中れいな / PINK CRES. / 宮本佳林
ゲスト: 譜久村聖(モーニング娘。‘21)
サプライズゲスト: 高橋愛
オープニングアクト: 小片リサ

[オープニングアクト]
OA1.Far away(小片リサ)
OA2.真夜中のドア〜stay with me(小片リサ)
[本編]
01. 彼と一緒にお店がしたい!(全員)
02. アレコレしたい!(全員)
03. 恋はひっぱりだこ(夏焼雅・譜久村聖)
04. The 摩天楼ショー(田中れいな・譜久村聖)
05. 好きだな君が(道重さゆみ・譜久村聖)
06. セクシーキャットの演説(道重さゆみ・田中れいな・譜久村聖)
07. エキストラ(譜久村聖)
08. チュッ! 夏パ〜ティ(道重さゆみ・小林ひかる・宮本佳林)
09. 愛してるの言葉だけで(宮本佳林)
10. ルーレット(PINK CRES.)
11. Rock の定義(田中れいな)
12. OK!生きまくっちゃえ(道重さゆみ)
13. BABY! 恋に KNOCK OUT!(田中れいな・夏焼雅・二瓶有加)
14. 黄色いお空で BOOM BOOM BOOM(夏焼雅・宮本佳林)
15. およげ!たいやきくん(高橋愛・田中れいな・夏焼雅)
16. 私の時代!(道重さゆみ・田中れいな)
17. 大きい瞳(道重さゆみ・田中れいな)
18. 恋の呪縛(全員)
19. ワクテカ Take a chance(全員+譜久村聖)
20. シャボン玉(全員+高橋愛・譜久村聖)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015