ニュース

ベートーヴェン「第九」の200周年を記念して、演奏と朗読からなるメモリアルコンサートが開催

田代万里生   2024/04/03 15:07掲載
はてなブックマークに追加
ベートーヴェン「第九」の200周年を記念して、演奏と朗読からなるメモリアルコンサートが開催
 1824年5月7日、ウィーン・ケルントナートーア劇場にてベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」が作曲者立ち合いのもと初演されました。その初演から200周年を記念して、「第九」が完成に至るまでのエピソードを綴る朗読と、オーケストラ&合唱による「第九」(抜粋)などの演奏が融合したメモリアルコンサート〈交響曲「第九」200周年記念祭「歓喜のうた」メモリアルコンサート ルードウィヒ・B 〜HEART SONG(運命の扉は開かれた)〜〉が、5月7日(火)に東京・東京オペラシティ コンサートホールで開催されます。

 朗読ではルードウィヒ・B・ベートーヴェン役をミュージカルやクラシックなどで幅広く活躍する絶対音感の持ち主、田代万里生が務めるほか、知念里奈、下村青、黒田こらん、小笠原海超特急)、真野響子らが出演。演奏は、中川郁文(ソプラノ)、林眞暎(アルト)、吉田浩之(テノール)、大山大輔(バリトン)、グランドフィルハーモニッククワイア(合唱)、岩村力指揮グランドフィルハーモニック東京です。

 公演では「第九」(抜粋)のほか、歌劇「フィデリオ」序曲などベートーヴェンの数々の名曲が披露されます。

[出演に向けてメッセージ]
今年はなんと、ベートーヴェン第九[ウィーンでの世界初演から200周年!]の記念すべき年。この度、史実に基づいた衣裳などで扮装し、本格的に田代万里生が主演ベートーヴェン役を演じることになりました。〈朗読〉と〈演奏〉がコラボレーションするこれまでのコンサートという枠では収まりきらない大規模なプロジェクトです。200年の時を超えてまさに世界初演日と同じ5月7日に上演。東京オペラシティというクラシックの殿堂に、大編成フルオーケストラと第九ソリスト&合唱団による生演奏、そして魅力的な俳優陣の皆さんが一堂に会します。ベートーヴェン役は語りのみならず、歌やオーケストラの指揮までします!ご期待下さい!
――田代万里生(ルードウィヒ・B・ベートーヴェン役)

〈交響曲「第九」200周年記念祭「歓喜のうた」メモリアルコンサート ルードウィヒ・B 〜HEART SONG(運命の扉は開かれた)〜〉
no9.200th.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
[インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー![インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム
[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015