ニュース

テンテンコが歌もの新曲「危険なハイウェイ」を発表

テンテンコ   2017/10/20 13:55掲載
はてなブックマークに追加
テンテンコが歌もの新曲「危険なハイウェイ」を発表
 オプトロン奏者・伊東篤宏とのデュオ名義“ZVIZMO”でのフル・アルバム『ZVIZMO』を「Black Smoker Records」から11月2日(木)にリリースするテンテンコが、ソロでの新作歌もの楽曲「危険なハイウェイ」を発表。10月25日(水)より各サイトでの配信がスタートします。

 発売に先駆けてYouTubeではリリックビデオが公開されている「危険なハイウェイ」は、2015年のソロ・デビュー・シングル「Good bye, Good girl.」を手がけたゴールデン・コンビKosuke.T / SungY Parkと再びタッグを組んで制作された楽曲。1980年代中期のULTRAVOXMidge UreDEAD OR ALIVEなどを思わせるシンセポップ・チューンとなっています。ミュージック・ビデオも近日公開予定とのこと。

拡大表示


■2017年10月25日(水)発売
テンテンコ
「危険なハイウェイ」

税込250円

■2017年11月2日(木)発売
ZVIZMO
ZVIZMO

BSJ-015 2,000円 + 税

[収録曲]
01. DA DA LAND
02. koushicha Irarenai(feat. 鎮座DOPENESS)
03. ZVIZMO
04. From Dusk Till Dawn
05. Fu Ku Tsu No Ta Mi
06. error
07. Meltdown Mambo(Chotto dakeyo)
08. Jackalope party
09. The Loch Ness Monster
10. To-o-ku, Dope / Nagucchau(feat. K-BOMB)
11. Schizombie's food
12. Larugeus
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』
[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー!
[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015