ニュース

ジャズ・ヴァイオリニストの寺井尚子、「文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)」を受賞!

寺井尚子   2010/03/15 14:10掲載
はてなブックマークに追加
ジャズ・ヴァイオリニストの寺井尚子、「文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)」を受賞!
 文化庁が主催する、文化・芸術の分野で、その年に際立った業績を上げ、新生面を開いた者を顕彰する「芸術選奨」。各賞の受賞者が発表され、ジャズ・ヴァイオリニストの寺井尚子が「文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)」を受賞することとなりました!

 寺井尚子は世界的にも珍しいジャズ・ヴァイオリニストとして1988年にプロ・デビュー。情熱的な演奏スタイルで、ライヴ、アルバム・リリースと積極的な活動を行ない、2008年には、日本のジャズ界最高の栄誉とされ、日本のジャズに最も大きく貢献した人に対し贈られる、スイングジャーナル社主催の「南里文雄賞」(第33回)を受賞。今や名実共に日本を代表するジャズ・ミュージシャンとして不動の地位を確立しました。

 現在でも年間100本を超えるコンサート活動を行ない、その一方で、「金鳥の渦巻」(KINCHO)8代目のキャラクターをつとめ、テレビCMに出演するなど、活動の幅をさらに広げており、そのパフォーマンスにて、ジャズ・ファンからヴァイオリンを学ぶ子供たちまで、多くのファンを獲得しています。

 今回の受賞に関し寺井は「身の引き締まる思いです。この賞を励みに、初心を忘れず精進いたします。本当にありがとうございます」と喜びを語っています。

 寺井尚子は、先月24日に初のスタンダード集となるアルバム『マイ・ソング』をリリース。「枯葉」「スイングがなければ」「アイ・ガット・リズム」などの著名な曲を寺井流の官能的なヴァイオリン・サウンドにアレンジしたアルバムを発表しており、このアルバムを受けての<寺井尚子“マイ・ソング”ツアー 2010>を3月21日の東京 / 池袋・東京芸術劇場中ホールからスタート。名古屋、大阪、仙台などを廻るほか、フェスティバル出演、単独公演など、今年の精力的な公演活動が予定されています。今後もご注目を。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015