ニュース

ザ・ビートルズ、アルバム『アビイ・ロード』の50周年記念エディションが発売に

ザ・ビートルズ(THE BEATLES)   2019/08/09 12:27掲載
はてなブックマークに追加
ザ・ビートルズ、アルバム『アビイ・ロード』の50周年記念エディションが発売に
 ビートルズ(The Beatles)が1969年に発表したアルバム『アビイ・ロード』の50周年記念エディションが9月27日(金)に発売されます。仕様は、『アビイ・ロード(50周年記念スーパー・デラックス・エディション)』(3CD + Blu-ray UICY-79050 12,800円 + 税)、『アビイ・ロード(50周年記念デラックス・エディション)』(2CD UICY-79051〜2 3,600円 + 税)、『アビイ・ロード(50周年記念エディション)』(CD UICY-15850 2,600円 + 税)のほか、3種のアナログとストリーミング。トレイラーと収録曲「サムシング」のスタジオ・デモ、テイク39(ストリングスのみ)、2019年ミックスが公開中です。

 もっとも収録曲の多いスーパー・デラックス・エディションは、Disc 1に、69年にオリジナル・アルバムをプロデュースしたジョージ・マーティンの息子であるジャイルズ・マーティンとミキシング・エンジニアのサム・オケルが手がけた新たなステレオ・ミックス、Disc 2とDisc 3にはほとんどが未公開である23曲のセッション・レコーディング音源、付属のBlu-rayにはオリジナル・アルバム収録曲をドルビー・アトモス / 96kHz/24bit DTS-HD マスター・オーディオ 5.1 / 96kHz/24bit ハイレゾ・ステレオ(2019 ステレオ・ミックス)の3種の音源で収めています。

 『アビイ・ロード』50周年記念エディションの序文で、ポール・マッカートニーは「ザ・ビートルズのレコーディングの旅路には多くの紆余曲折があり、僕らは勉強を重ねながら、スリリングな体験をしてきた。そして今でも、それらの魔法にまだ心を奪われている」とコメントしています。

 アルバム『アビイ・ロード』は1969年9月26日にリリースされ、イギリスのアルバム・チャートでは17週連続で1位を獲得。アメリカの「ビルボード」誌のアルバム・チャートでは11週連続で1位を獲得。エンジニアのジェフ・エメリックとフィル・マクドナルドは〈グラミー賞〉の“最優秀アルバム技術賞”(クラシック以外)を受賞しました。



■2019年9月27日(金)発売
ザ・ビートルズ
『アビイ・ロード(50周年記念スーパー・デラックス・エディション)』

3CD + Blu-ray UICY-79050 12,800円 + 税

[Disc 1]2019 ステレオ・ミックス
01. カム・トゥゲザー
02. サムシング
03. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
04. オー!ダーリン
05. オクトパス・ガーデン
06. アイ・ウォント・ユー
07. ヒア・カムズ・ザ・サン
08. ビコーズ
09. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
10. サン・キング
11. ミーン・ミスター・マスタード
12. ポリシーン・パン
13. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
14. ゴールデン・スランバー
15. キャリー・ザット・ウェイト
16. ジ・エンド
17. ハー・マジェスティ

[Disc 2]セッションズ
01. アイ・ウォント・ユー(トライデント・レコーディング・セッション&リダクション・ミックス)
02. グッドバイ(ホーム・デモ)
03. サムシング(スタジオ・デモ)
04. ジョンとヨーコのバラード(テイク7)
05. オールド・ブラウン・シュー(テイク2)
06. オー!ダーリン(テイク4)
07. オクトパス・ガーデン(テイク9)
08. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー(テイク36)
09. ハー・マジェスティ(テイク1‐3)
10. ゴールデン・スランバー/キャリー・ザット・ウェイト(テイク1‐3)
11. ヒア・カムズ・ザ・サン(テイク9)
12. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー(テイク12)

[Disc 3]セッションズ
01. カム・トゥゲザー(テイク5)
02. ジ・エンド(テイク3)
03. カム・アンド・ゲット・イット(スタジオ・デモ)
04. サン・キング(テイク20)
05. ミーン・ミスター・マスタード(テイク20)
06. ポリシーン・パン(テイク27)
07. シー・ケイム・イン・スルー・バスルーム・ウィンドウ(テイク27)
08. ビコーズ(テイク1 - インストゥルメンタル)
09. ザ・ロング・ワン(トライアル・エディット&ミックス - 1969年7月30日]
10. サムシング(テイク39 - インストゥルメンタル− ストリングス・オンリー)
11. ゴールデン・スランバー/キャリー・ザット・ウェイト(テイク17 - インストゥルメンタル - ストリングス&ブライス・オンリー)

[Blu-ray]
『アビイ・ロード』(音源のみ)
収録音源は以下の3種: ドルビー・アトモス / 96 kHz/24bit DTS-HD マスター・オーディオ 5.1 / 96 kHz/24bit ハイレゾ・ステレオ(2019 ステレオ・ミックス)

01. カム・トゥゲザー
02. サムシング
03. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
04. オー!ダーリン
05. オクトパス・ガーデン
06. アイ・ウォント・ユー
07. ヒア・カムズ・ザ・サン
08. ビコーズ
09. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
10. サン・キング
11. ミーン・ミスター・マスタード
12. ポリシーン・パン
13. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
14. ゴールデン・スランバー
15. キャリー・ザット・ウェイト
16. ジ・エンド
17. ハー・マジェスティ
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015