ニュース

THE BEATNIKS、大阪公演をレポート!

ザ・ビートニクス   2011/11/21 15:53掲載
はてなブックマークに追加
THE BEATNIKS、大阪公演をレポート!
 今年、10年ぶりに活動を再開させた高橋幸宏鈴木慶一のユニット、THE BEATNIKSが11月20日(日)、大阪・堂島リバーフォーラムでワンマン・ライヴを行ないました!

 オープニングでは、ステージ後方に設置されたスクリーンに映像が映し出され、会場内に流れたのは1stアルバム『EXITENTIALISM(出口主義)』の1曲目「Le Sang du Poete/詩人の血」。続いてスリム・ブラック・スーツに、黒のハット&タイと黒ずくめのコスチュームをまとった2人が舞台に現れ、最新アルバム『LAST TRAIN TO EXITOWN』より「A Song for 4 Beats」で<LET'S GO TO BEATOWN>ツアーは開幕!

 セットリストは『LAST TRAIN TO EXITOWN』からの選曲が中心ですが、意外に多かったのが『EXITENTIALISM』収録曲。このアルバム発表時はツアーが行なわれなかったこともあって、古くからのファンを楽しませる。また、THE BEATNIKS用に作られたもののオリジナルには未収録で、メンバーのソロ・アルバムにそれぞれ収録された幻の名曲「Left Bank」を改めてTHE BEATNIKSとして演奏!

 ハイライトは終盤の「カットアップだ! 我らの実存 Cut Up Our Existence」。ビートニク世代を代表する作家、ウィリアム・バロウズが生み出した“カット・アップ”にならい、高橋幸宏、鈴木慶一に高野 寛の3人が帽子の中に入れたバラバラに刻んだワードをランダムに取り出し繋げていくカット・アップ・パフォーマンスを披露。

 サポートを固めるのは、リズム隊がGREAT3高桑 圭白根賢一、そこに堀江博久、高野 寛、高田 漣、権藤知彦のpupa組が加わった盤石の体制。特に高野 寛はかつて高橋幸宏とムーンライダーズが主宰していたT.E.N.T.レーベルのオーディション出身で、ミュージシャンとしてのデビューが1987年の<THE BEATNIKS BEAT GENERATION>ツアーでのサポート・ギターと、THE BEATNIKSには欠かせない存在。2人が信頼を寄せるメンバーの安定感ある演奏に支えられ、全20曲、2時間に及んだ大阪のステージを終えました。

 THE BEATNIKSの続くステージは11月25日の中野サンプラザ。大阪会場に集まったファンを魅了させた“BEATOWN”世界がいよいよ東京で再現されます!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015