ニュース

THE BLUE HEARTSの名曲群で綴る音楽劇「リンダ リンダ」が8年ぶりの再演

ザ・ブルーハーツ   2012/05/09 18:09掲載
はてなブックマークに追加
THE BLUE HEARTSの名曲群で綴る音楽劇「リンダ リンダ」が8年ぶりの再演
 THE BLUE HEARTSを全編にフィーチャーした音楽劇「リンダ リンダ」。2004年に初演され、好評を博した同作が8年ぶりに再演! 6月20日(水)より東京・紀伊國屋サザンシアターにて開幕となります(大阪、福岡公演も予定)。公演に先駆け5月8日、東京・imagineスタジオにて製作発表が行なわれました。

 会見には、作・演出を手がける鴻上尚史、主演を務めるSOPHIA松岡 充をはじめ、 伊礼彼方星野真里、丸尾丸一郎、高橋由美子大高洋夫が登場。舞台への意気込み、THE BLUE HEARTSへの思いをそれぞれが語りました。

撮影: 引地信彦


鴻上尚史(作・演出)
8年ぶりの「リンダ リンダ」再演です。松岡さんとは、初演の時の千秋楽からまたこの作品をやりたいと話をしていました。松岡さんは舞台デビューがこの「リンダ リンダ」の初演でしたが、うれしいことに演劇界に残ってくれました。また一緒にできるのが楽しみです。
初演では、音楽、演劇、ミュージカルのそれぞれのファンが客席にいて、それがとても素敵でした。
今回は、僕が劇団「第三舞台」を1月に解散してから初めての作品となります。次に行くための最初の作品として、大切に上演していきたいですね。
ザ・ブルーハーツで好きな曲は「人にやさしく」。

■松岡充(バンドのベース・マサオ役)
「リンダ リンダ」の初演で舞台デビューしました。初めは舞台の世界が全くわからなかったのですが、その後、他の作品も経験しいろいろと学んできました。初演から8年、今回はこれまでの経験を生かせるように頑張りたいです。
ザ・ブルーハーツで好きな曲は「チェインギャング」。アーティストとして尊敬する先輩です。ブルーハーツの曲は色あせないですよね。彼らを知らない世代にも、この作品を通してブルーハーツの良さを伝えていきたいです。
稽古はとても楽しい雰囲気で進んでいます。観た後に違う自分になれるような作品で、絶対に楽しめると思います。是非劇場にご来場ください!

■伊礼彼方(バンドのリーダー・ケン役)
ブルーハーツの曲と一緒に過ごせるなんて夢のよう!夜も眠れないほどで、毎日が本当に楽しいです!
ブルーハーツは世の中に影響を与えてきたバンド。この作品でも、彼らの曲がたくさん使われています。
ザ・ブルーハーツで好きな曲は「青空」。大人になって、10代の頃はよくわからなかった歌詞の意味を知ったのですが、これ程メッセージ性が強かったのかと衝撃を感じました。

■星野真里(バンドのマネージャー・ミキ役)
今回初めて音楽劇に出演します。皆さんの足をひっぱらないように頑張ります!
ザ・ブルーハーツで好きな曲は「キスしてほしい」。

■丸尾丸一郎(警官の大場役)
僕が演劇を始めた時に鴻上さんの戯曲を読みあさった程の大先輩です。今回はとても楽しみです。
ザ・ブルーハーツで好きな曲は「イメージ」。

■高橋由美子(ケンの恋人・カオリ役)
とにかく頑張ります!
ザ・ブルーハーツで好きな曲は「ラブレター」。

■大高洋夫(元過激派の男・荒川役)
初演では、劇場に行く途中で2度ほど職務質問を受けました。今回は受けないように頑張ります(笑)
ザ・ブルーハーツで好きな曲は「夕暮れ」。

KOKAMI@network vol.11
「リンダ リンダ」

6月20日(水)〜7月22日(日)東京 紀伊國屋サザンシアター
(他、大阪、福岡公演あり)
[作・演出]
鴻上尚史
[出演]
松岡 充 / 伊礼彼方 / 星野真里 / 丸尾丸一郎(劇団鹿殺し) / 高橋由美子 / 大高洋夫
www.thirdstage.com/knet/lindalinda2012
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』
[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子
[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I
[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015