ニュース

ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズ、4月にBLUE NOTE TOKYO公演が決定

ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズ   2018/02/05 11:55掲載
はてなブックマークに追加
ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズ、4月にBLUE NOTE TOKYO公演が決定
 グルーヴあふれるサウンドとエキサイティングなパフォーマンスで
高い人気を誇る“アシッド・ジャズの王者”ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズ(THE BRAND NEW HEAVIES)の来日が決定。4月11日(水)から13日(金)までの3日間、東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて公演を行ないます。

 ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズは1980年代半ば、ロンドン郊外のイーリングにてアンドリュー・レヴィ(b)、サイモン・バーソロミュー(g)、ヤン・キンケイド(dr)によって結成され、1988年に「ガット・トゥ・ギヴ」でデビュー。「ネヴァー・ストップ」「ドリーム・カム・トゥルー」等のメガ・ヒットを次々と世に送り出し、2016年には新ヴォーカリストにスリーン・フレミングが加入。今年はレコード・デビューから30年を迎えます。

 座席の予約は一般ウェブ先行予約が2月14日(水)、一般電話予約が2月17日(土)より受付開始。詳しくはBLUE NOTE TOKYOのオフィシャル・サイトでご確認ください。

ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズ
来日公演


2018年4月11日(水) / 12日(水) / 13日(金)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
1st 開場 17:30 / 開演 18:30
2nd 開場 20:20 / 開演 21:00
チャージ 8,500円(税込 / 別途飲食代)

[メンバー]
サイモン・バーソロミュー(g, vo)
アンドリュー・レヴィ(b, per)
スリーン・フレミング(vo)
ブライアン・コルベット(tp)
リチャード・ビーズリー(sax)
マット・スティール(key)
リリー・ゴンザレス(back-vo, per)
ルーク・ハリス(dr)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015