ニュース

ザ・ヴァインズ、2年ぶりの新作!

ザ・ヴァインズ   2006/01/25掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 デビュー時から“ビートルズニルヴァーナ”と評された音楽性で話題を集め、2ndアルバム『ウィニング・デイズ』(写真)収録の「ライド」がApple iPodのTV-CMにも使われた、オーストラリア出身のロック・バンド、ザ・ヴァインズ。その彼らの約2年ぶりとなるニュー・アルバム『ヴィジョン・ヴァリィ(VISION VALLEY)』がいよいよリリースされます!

 レコーディング前にフロントマンのクレイグ・ニコルズがアスペルガー症候群と診断されてファンを心配させる出来事がありましたが、現在は健康状態も良くなり、地元オーストラリアで行なっているアルバム制作も順調に進んでいるとのこと。アルバムは、地元オーストラリアのバンド、KnievelのWayne Connollyをプロデューサーに起用して制作され、「Nothing's Coming」「Any Sound」「Take Me Back」などといった曲が収録される予定。日本盤(TOCP-66536 \2,548(税込):セキュアCD仕様)は3月29日に、US盤は4月4日に、UK盤は4月3日にそれぞれリリースされる予定で、日本盤にはボーナス・トラックが追加収録される予定もあるそうです。

 また日本では、この新作の発表に合わせて、1st『ハイリー・イヴォルヴド』(TOCP-53711:セキュアCD仕様)と、2nd『ウィニング・デイズ』(TOCP-53712:セキュアCD仕様)のスペシャル・プライス再発が行なわれる予定。ともに\1,980(税込)でのリリースとなる予定です。
続報
ザ・ヴァインズ最新作、日本盤は通常CD&CDエクストラ仕様に
日本盤はセキュアCD仕様から通常CD仕様へと変更されました。またCDエクストラとして下記コンテンツが収録される予定です。

・トラック・バイ・トラック
・エニィサウンド
・ナッシンズ・カミン
・ヴィジョン・ヴァリィ
・ドント・リッスン・トゥ・ザ・レディオ
・グロス・アウト
・ゴーイング・ゴーン
・フューチャーターディッド
・スペースシップ
[ 2006/03/14掲載 ]
ザ・ヴァインズ最新作、日本盤発売日延期
日本盤の発売日が延期に。発売は3月31日を予定。なお新作に合わせて発売される1st『ハイリー・イヴォルヴド』と、2nd『ウィニング・デイズ』のスペシャル・プライス再発も3月31日発売となりました。
[ 2006/03/03掲載 ]
ザ・ヴァインズ最新作、日本盤はセキュアCD仕様に
日本盤はセキュアCD仕様での発売となりました。なお関連した以前(2月22日)の追加情報は削除しました。
[ 2006/02/24掲載 ]
ザ・ヴァインズ最新作、収録曲が判明
予定トラック・リストが判明しました。

(01) Anysound
(02) Nothin's Comin?
(03) Candy Daze
(04) Vision Valley
(05) Don't Listen To The Radio
(06) Gross Out
(07) Take Me Back
(08) Going Gone
(09) Fuk Yeh
(10) Futuretarded
(11) Dope Train
(12) Atmos
(13) Spaceship
[ 2006/02/23掲載 ]
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作
[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表
[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015