ニュース

トゥーツ・シールマンスと松岡直也が共演した『カレイドスコープ』が25年ぶりに復刻

トゥーツ・シールマンス   2016/11/09 12:24掲載
はてなブックマークに追加
 ジャズ・ハーモニカのレジェンド、トゥーツ・シールマンス(Toots Thielemans)と日本におけるラテン・フュージョンの第一人者、松岡直也が共演し、1979年に日本のみでリリースされた『カレイドスコープ』(WPCL-12498 1,500円 + 税)が25年ぶりに復刻。最新リマスターと新規解説でリニューアルされ、“松岡直也 feat. トゥーツ・シールマンス&松木恒秀”名義で11月23日(水)に発売されます。

 本作は、多重録音で失われたフュージョンの即興性を取り戻すべく、79年当時は最新技術であったデジタル2トラックでのワンショット・レコーディングにより、ダビングとミックス・ダウンを一切排除。ライヴの臨場感とプレイヤーの緊張感が直接伝わる作品を創り上げようと企画されたプロジェクト。松岡の作編曲によるオリジナル楽曲に、シールマンスの驚異的ハーモニカ・プレイと松木恒秀のアグレッシヴなギターが繰り広げる白熱のセッションで、ジャズ / フュージョン・ファンのみならずオーディオ・ファンからも高い評価を得た人気作です。

 また本作は日本のみで発売され、国内盤が91年にCD再発されて以降は廃盤となり、海外のファンの間では入手困難な超プレミア作品となり、長らく復刻が待たれていました。

 残念ながら松岡は2014年4月29日、シールマンスは2016年8月22日に惜しまれつつ他界していることもあり、この作品はきらめく才能が出会った一期一会の名作と言えそうです。

■2016年11月23日(水)発売
松岡直也 feat. トゥーツ・シールマンス&松木恒秀
『カレイドスコープ』

WPCL-12498 1,500円 + 税

[収録曲]
01. Fall Forever
02. Dried Flower & Dried Love
03. Ivory Islands
04. Cadillac
05. Fancy Prance

[演奏者]
松岡直也(pf)
トゥーツ・シールマンス(har)
松木常秀(g)
村上秀一(dr)
土岐英史(ss)
向井滋春(tb)
長岡道夫(b)
高橋ゲタ夫(b)
ペッカー(per)
ほか
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015