ニュース

映画『SING/シング:ネクストステージ』内村光良、斎藤司、坂本真綾が声優続投 日本限定映像も公開

内村光良   2021/07/29 13:12掲載
はてなブックマークに追加
映画『SING/シング:ネクストステージ』内村光良、斎藤司、坂本真綾が声優続投 日本限定映像も公開
 2017年に公開し大ヒットを記録した『SING/シング』の最新作『SING/シング:ネクストステージ』が、2022年3月18日(金)に全国公開決定。あわせて、前作の主要声優キャスト陣である内村光良斎藤司坂本真綾の続投も発表され、日本限定の特報映像も公開されました。

 フランク・シナトラテイラー・スウィフトレディー・ガガスティーヴィー・ワンダーなど、誰もがどこかで耳にしたことがあり、歌いだしたくなる名曲が60曲以上も使用され、子供も大人も楽しめる“元気が貰える・エンターテインメント”映画『SING/シング』。全編吹替え版の制作が許された日本では、内村光良をはじめとした豪華声優キャストと製作陣が集結、クオリティの高さも大きな反響を呼び、興行収入51億円超えの大ヒットを記録、インターナショナル興収(アメリカ以外の国と地域の成績)で堂々No.1を飾りました。このたびの最新作『SING/シング:ネクストステージ』でも、一部主要キャストの続投が決定。主人公のバスター役に内村光良、ロジータ役に坂本真綾、そしてグンター役にトレンディエンジェル斎藤司という、最強吹替声優陣が揃っています。

 前作に続いてバスターの声を担当する内村は「5年分、歳をとったので、なるべく若さを保って…思い出しながら演じたい」と5年ぶりのバスター役への抱負をコメント。ロジータ役の坂本は「前作では自分の殻を打ち破り見事に夢をかなえたロジータ、今作ではどんな新しいチャレンジをするのかワクワクしています」と今作へ大きな期待を寄せ、5年ぶりのグンター役を「素直にめちゃくちゃ嬉しい」と喜ぶ斎藤も「前回はまだ娘が生まれる前に演じたのですが、今は3歳になり、グンターとダンスした映像を何回も見て踊ってくれている」と、映画について家族のエピソードを交えて語っています。

 続投声優キャストが揃った日本限定特報映像では、内村の映画に寄せるコメントに加え、お馴染みのニュー・ムーン・シアターの面々をはじめ、伝説のロックスター・ライオンのクレイら魅力的な新キャラも数多く登場。地元で人気を博し、ニュー・ムーン・シアターは連日満席が続く中、エンターテイメントの聖地レッド・ショア・シティにあるクリスタル・タワー・シアターでのショーを夢見るバスター。人生最大の夢の舞台を目指して、バスターたちの新たな挑戦の始まりが映し出されています。果たしてバスターたちはショーを成功させることができるのか? 豪華ヒットソングに乗せてダンスあり、ミュージカルあり、ライヴありのパワーアップした圧倒的スケールで贈る『SING/シング:ネクストステージ』に期待が高まります。

[コメント]
前作のときは、私とは分からずに、バスター・ムーンという役に集中して御覧になってくださった方が多くて、この役は内村だったの?という反応を多くいただきました。内村が演じたと分からない方が良いと思っていたので、嬉しかったです。5年分、歳をとったので、なるべく若さを保って、親知らずを1本抜いたので口調が変わっているかもしれませんけど(笑)、前作を見直して、思い出しながら演じたいと思います。
アテレコというのは本当に難しくて、間もなく修業の日々がやってきますが、本当に声優さんのすごさを前作で実感しましたし、今作でもそう感じるだろうと思います。彼らの技術を、少しでも盗めたらなと思っています。

――内村光良(バスター役)

『SING/シング』は笑って泣いて元気になれる映画で、大大大好きです。続編にもロジータが登場すると聞いてすごく嬉しくて、今からアフレコが楽しみでなりません。前作では自分の殻を打ち破り見事に夢を叶えたロジータ、今作ではどんな新しいチャレンジをするのかワクワクしています。
――坂本真綾(ロジータ役)

5年ぶりにグンターを演じることになって、素直にめちゃくちゃ嬉しいです。というのもSINGが子供たちに大人気になって、お笑いの営業に行かせていただいたときも、子供たちがグンターのぬいぐるみで手を振ってくれたりしていたので、いつか自分の子供にも見せたいなと。前回はまだ娘が生まれる前に演じたのですが、今は3歳になり、前回グンターと撮影したダンスシーンのYouTubeを娘が何回も見て踊っているのを見て、ますます2への出演を嬉しく思います。

前回は何もわからず、ほぼ初体験でアフレコと、歌。原作の声優、ニック・クロールさんの声を聞いてイメージ大丈夫かな?と、不安でしたが、終わってみれば周りの皆さんにも助けていただき、とても楽しかったですね。結果、SINGのおかげでミュージックステーションにまで出演させていただきました。
まさか芸人を始めた時、レディガガの歌でMステに出るとは夢にも思わなかったです(笑)
あのメンバーたちがまたどんな成長を見せて、どんな物語を見せてくれるか。グンターがどこに連れて行ってくれるのか、とても楽しみです!

――斎藤司(グンター役)


© 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

映画『SING/シング:ネクストステージ』
2022年3月18日(金)より全国ロードショー
sing-movie.jp
配給: 東宝東和
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015