ニュース

上原ひろみの新作はスタンリー・クラーク、レニー・ホワイトとのスーパー・トリオ!!

上原ひろみ   2009/04/03 15:38掲載
はてなブックマークに追加
 ジャズ・リスナーだけでなく、もはや国民的人気ピアニストと言っても過言ではない上原ひろみチック・コリアとの『デュエット』、自身が率いるHIROMI'S SONICBLOOMの『ビヨンド・スタンダード』など、ニュー・アルバムを出すごとに高い評価を獲得してきました。

 そんな上原が参加するニュー・プロジェクトは、リターン・トゥ・フォーエヴァースタンリー・クラーク(b)、レニー・ホワイト(ds)とのスーパー・トリオ! 4月15日にリリースされるアルバム『ジャズ・イン・ザ・ガーデン』(UCCT-1212 税込2,500円)は、2009年最大の話題作となること必至の一枚です。

 当アルバムは、上原としては初となるストレート・アヘッド作品。曲目はマイルス・デイヴィスの「ソーラー」からディズニー・スタンダードの「いつか王子様が」、さらにはレッド・ホット・チリペッパーズの「アンダー・ザ・ブリッジ」、そして上原ひろみのオリジナル新曲「ブレイン・トレーニング」「シシリアン・ブルー」など、ヴァリエーションに富んだ内容になっています。

 コアなジャズ・ファンもうならせるテクニック、日頃ジャズを聴かない人でもその楽しさを感じられるクリエイティヴな音楽性、その両方を兼ね備えた才能は、まだまだ進化を続けていきそうです!


※4月15日
スタンリー・クラーク・トリオ/上原ひろみ/レニー・ホワイト
ジャズ・イン・ザ・ガーデン
(UCCT-1212 税込2,500円)


[収録曲]
01. パラダイム・シフト
02. さくらさくら
03. シシリアン・ブルー
04. テイク・ザ・コルトレーン
05. スリー・ロング・ノーツ
06. いつか王子様が
07. アイソトープ
08. ベース・フォーク・ソング No.5&6
09. グローバル・テュウィーク
10. ソーラー
11. ブレイン・トレーニング
12. アンダー・ザ・ブリッジ
13. エルズ・バップ


[演奏]
スタンリー・クラーク(b) 上原ひろみ(p) レニー・ホワイト(ds)


[録音]
2008年12月 ロサンジェルス、マッド・ハッター・スタジオ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015