ニュース

アップアップガールズ(仮)、書籍発刊記念イベントを開催 つんく♂からのスペシャルメッセージも

アップアップガールズ(仮)   2017/02/15掲載(Last Update:19/01/31 18:51)
はてなブックマークに追加
アップアップガールズ(仮)、書籍発刊記念イベントを開催 つんく♂からのスペシャルメッセージも
 アップアップガールズ(仮)が、書籍「7 LIVES アップアップガールズ(仮)の生き様 UP UP GIRLS kakko KARI official documentary book」(KADOKAWA刊)の発刊記念イベントを2月14日に東京・SHIBUYA TSUTAYAにて開催。集まったファンに向けてメンバーがサイン本を直接手渡すとともに、バレンタインデーにちなんで限定メッセージカード付きのチョコレートをプレゼントしました。

 同書はアップアップガールズ(仮)の結成から約6年の軌跡を、メンバーやスタッフ、親族の証言などから振り返ったもの。イベント前に行われた記者会見で「結成して6年目で、まさか自分たちの本が出せるとは思っていなかった」と言う仙石みなみは、書籍の内容について「自分たちの思いがさらけ出されているし、私たちが小さいころのことも明かされていたりして、アプガのことが“丸裸”にされた本です!」と紹介。一方、新井愛瞳は「小林幸子さんやRENA(女性格闘家)さんとの対談もあって、文字がびっしり60万字……すみません盛りすぎました(笑)、10万字もあってかなり読み応えがあると思います」、佐藤綾乃は「日本武道館に至るまでのスタッフさんの話だったり、私たちも知らなかったことも載っています」とそれぞれアピール。書籍制作の裏側として古川小夏は「6年間、息をする暇もないぐらい突っ走ってきたので、インタビューでいつ、何をしていたのかを改めて思い出せた。楽しかったし、私たちにとっていい経験になりました」と振り返りました。

拡大表示拡大表示拡大表示

 記者会見の最後にはサプライズとして、総合エンターテインメントプロデューサー・つんく♂からアップアップガールズ(仮)に届いたメッセージを発表。新井愛瞳は、「オーディションがあって、私たちをこの世界に入れてくれたのがつんく♂さん。本当に感謝の思いしかないし、まさかここでお祝いのメッセージを下さるとは……」と語り、メンバーは涙を流しながら感激していました。なお、同書籍の出版記念イベント第2弾が2月19日(日)にも開催されることが決定。詳細は、アップアップガールズ(仮)のオフィシャル・サイトで追って発表されます。

拡大表示拡大表示拡大表示拡大表示

[つんく♂ スペシャルメッセージ全文]
アップアップガールズ(仮)の皆さん、本の完成おめでとう。
思えば出会ったのは約13年前。
小学生だったみんなもすっかり立派になりましたね。
そこら辺に居るアイドルなら、きっと多分何度もくじけたり、諦めてしまうタイミングもあっただろうに、ここまで来る粘り強さ。
これは一つの才能やね。
これまでは楽しいより、悔しい、苦しい思いの方が多かったかもしれませんが、それがこの先のバネとなり、大きく羽ばたいてくれることと思います。
楽しみにしています。

――つんく♂

■2017年1月30日(月)発売
「7 LIVES アップアップガールズ(仮)の生き様 UP UP GIRLS kakko KARI official documentary book」
3,500円 + 税
KADOKAWA
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015