ニュース

Uru、新曲「振り子」が小栗 旬×星野 源共演の映画「罪の声」主題歌に決定

Uru(Singer)   2020/08/19 13:18掲載
はてなブックマークに追加
Uru、新曲「振り子」が小栗 旬×星野 源共演の映画「罪の声」主題歌に決定
 2020年2月にリリースした、ドラマ『テセウスの船』主題歌「あなたがいることで」収録の2ndアルバム『オリオンブルー』が、オリコン週間音楽ランキングでソロ・アーティストとしては史上初のデジタル・シングル(単曲)&デジタル・アルバム同時1位を記録する快挙を達成したUruの新曲「振り子」が、10月30日公開の映画「罪の声」の主題歌に決定、10月28日(水)にシングルとしてリリースされます。

 映画「罪の声」は、2016年「週刊文春」ミステリーベスト10で第1位を獲得し、〈第7回山田風太郎賞〉を受賞するなど高い評価を得た塩田武士の小説「罪の声」が原作。フィクションでありながら、日本中を巻き込み震撼させ、未解決のまま時効となった大事件をモチーフに、綿密な取材と着想が織り混ぜられ、事件の真相と犯人像に迫るストーリーが“本当にそうだったのではないか”と思わせるリアリティに溢れた物語が大きな話題を呼び、これまでに累計62万部を突破しています。

 映画で、運命が交錯する2人の男を演じるのは、近年では『銀魂』シリーズでのコミカルな演技から『君の膵臓をたべたい』『人間失格』での繊細な演技まで幅広い役を演じ、満を持して「ゴジラVSコング/(原題)GODZILLA VS. KONG」でハリウッド映画にも進出する小栗 旬、映画初主演の『箱入り息子の恋』『地獄でなぜ悪い』で〈日本アカデミー賞〉新人俳優賞を受賞し、俳優・音楽家・文筆家として幅広く活躍している星野 源が出演。2人が映画では初共演することでも話題を呼んでいます。

 監督は、『いま、会いにゆきます。』『涙そうそう』『ハナミズキ』『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』『ビリギャル』など映画ファンからも評価の高い数々のヒット作を手掛けてきた土井裕泰、脚本は、『逃げるは恥だが役に立つ』『重版出来!』などで土井監督とタッグを組み、映画『アイアムアヒーロー』「図書館戦争シリーズ」、そして今夏話題のドラマ「MIU404」も手掛ける野木亜紀子が担当しています。

 「振り子」はUruにとって9枚目のシングルで、映画「罪の声」を何度も鑑賞して作詞・作曲を自身が手掛け、映画のために書き下ろした楽曲。この曲についてUruは、「生きていると本当に様々な事がありますが、もし今、悲しみや苦しみの中にいて希望を見出せずにいたり、素直に涙を流す事が出来ずにいる方がいるのならば、この曲が“今悪い方へ振っているその振り子は、次は必ず光の方角へ振る”という希望になってくれることを願います」とコメントしています。

 なお、Uruは9月6日(日)に、自身初の配信ライヴ〈Uru Online Live 2020 「あなたと私」〉の開催も決定しており、通常公演の幻想的な紗幕の演出とは異なった「あなたと私」だけの特別な空間で、オリジナル楽曲とカヴァー楽曲を織り交ぜた内容が予定されています。チケット等の詳細はオフィシャル・サイトをご確認ください。

[コメント]
お話を頂き映画を拝見した時に、この作品に沿う主題歌とはどんな楽曲なのかとても考えました。
深く体に染み込ませる為に何度も観て少しずつ形にしていきましたが、希望を描こうとすると浅薄な思考や言葉ばかりが浮かび、再び観る。その繰り返しで、映画の人物達の目線で何度も書き直しました。
生きていると本当に様々な事がありますが、もし今、悲しみや苦しみの中にいて希望を見出せずにいたり、素直に涙を流す事が出来ずにいる方がいるのならば、この曲が「今悪い方へ振っているその振り子は、次は必ず光の方角へ振る」という希望になってくれることを願います。

――Uru

原作小説の衝撃的な着想にひかれ、ふたりの主人公に小栗旬さん星野源さんを想い読み進めて4年経ち、Uruさんの主題歌をえたことで映画が完成しました。
Uruさんとは、ドラマ『コウノドリ』でもご一緒しています。『コウノドリ』のテーマは「命」。彼女の歌と歌声には、その源のようなところに響く何かが感じられました。
Uruさんとは何も打ち合わせすることなく、ただ映画を見て頂き、この楽曲を作ってもらいました。映画『罪の声』には様々な人たちの人生が宿っています。
生きてきた証や夢や希望、どんな人生にも必ずある「生きているということ」の源にある何かを感じ取ってもらいたくてこの映画を作りました。
その深淵に潜む何かを、Uruさんは『振り子』で、響きしみいる歌声と詞で浮かび上がらせてくれたような気がします。
どんな人生も美しいことを教えてもらった気がします。映画の主題歌とはこういうことかと初めて聞いた時から今も繰り返して感動しています。

――プロデューサー 那須田淳

拡大表示



©2020 映画「罪の声」製作委員会

■2020年10月28日(水)発売
Uru
「振り子」

smar.lnk.to/VhXEDO6a
※詳細は後日アナウンス

■「罪の声」
2020年10月30日(金)より全国東宝系にて公開
tsuminokoe.jp
配給: 東宝
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015