ニュース

タワレコ新宿店13周年記念アイドル・イベントが大盛り上がり!

バニラビーンズ   2011/10/17 15:19掲載
はてなブックマークに追加
タワレコ新宿店13周年記念アイドル・イベントが大盛り上がり!
 タワーレコード新宿店の“13歳”の誕生日を記念し、タワレコ新宿店とアイドルとのコラボ企画「NO MUSIC, NO IDOL?」コラボ・ポスターに登場した期待のアイドルたちが新宿LOFTに集結! 今回は、タワレコ新宿初の“アウトストア”アイドル・イベントとなり、平日にも関わらず会場は超満員。MCを担当するバニラビーンズがステージ上に登場すると、イベントは開幕!

 バニラビーンズに呼び込まれ、BABYMETAL(さくら学院 重音部)のメンバーがステージに登場すると、会場から大歓声が沸き起こる。キレのあるダンスとともに「ド・キ・ド・キ☆モーニング」からスタート。アイドルとメタルの融合、破壊力のあるステージに会場は早くもモッシュ状態に。

 MCで中元すず香が、「タワーレコード新宿店13周年おめでとうございます! 私もいま、13歳なんです!」と同い年発言が飛び出すと、BABYMETAL『ド・キ・ド・キ☆モーニング』のミュージック・ビデオDVDシングル発売が明らかに。「店頭ではタワレコ新宿店だけで、数量限定で発売されます!」とメンバーが伝えると、再び歓声が沸き起こる! フィナーレは「イジメ、ダメ、ぜったい」。


BABYMETAL

BABYMETAL


 続いての登場は清純派ヒップホップ・アイドル・ユニット、tengal6。「ルービックキューブ」にはじまり、独自のフォーメーションで繰り広げるステージのゆる〜い雰囲気に包まれた会場は笑顔でステージを見つめる。メンバー紹介後、「タワーレコード新宿店13周年おめでとうございます。私たちも昨日で結成1年を迎えました。そして、私たちの曲がUSENインディーズチャートで1位を獲得しましたー!」とMC、会場からも祝福の言葉が投げかけられる。

 さらにこの日、会場のBarでは“tengal6がキックするライムでロック”と題したオリジナル・カクテルが限定販売され、ライヴ終了後には急遽メンバーとのチェキ撮影大会も実施されるなど、ステージ外でも楽しませてくれました!


tengal6


 合言葉「萌えキュンソングで世界に元気を発信♪」をひっさげ、でんぱ組.incのステージが「ピコッピクッピカッて恋してよ」からスタート。「わっほい?お祭りinc」「ミラーマジック」「Future Diver」と披露されるや会場のボルテージも最高潮に! MCでは、「ねぇ聞いて! 私たち、タワーレコード新宿店<NO MUSIC, NO IDOL?>のポスター登場が決定しました!」と発表し、会場からは大歓声。そして、「ねぇ聞いて! TOY'S FACTORY×もふくちゃんレーベル“ミームトウキョウ”よりニュー・アルバム発売が決定しました!」の発表にさらに歓声は重なり、最後の楽曲「Beam by Beam」では会場からコールが沸き、一体感あふれるライヴに。


でんぱ組.inc


 そして、この日MCをつとめたバニビ2人が「VANILLA BEANS」に乗って登場。「ニコラ」が披露されると会場には一気に北欧の風が吹き込み、MCではリサが自腹で購入したという特大クラッカーを鳴らして華やかにタワレコ新宿13周年をお祝い! この日は、タワレコのアイドル・レーベル「T-Palette Records」から唯一出演したアーティストということで話が及ぶと、レナから「レーベルメイトがアイドルばっかりって、もうウハウハですよ!」と、完全にファン目線のコメントも飛び出し、リサと会場から「職権乱用!」とつっこまれるなど絶好調! 安定感あるステージを披露しました。


バニラビーンズ


 トリで登場したのはTomato n'Pine。YUIが主役をつとめたドラマ『熱いぞ!猫ヶ谷!!』の主題歌「10月のインディアン」、インディーズ時代の「ためいき、オカリナ、ほら猫が笑う」で早くも会場を熱狂の渦に巻き込むと、MCでは「新宿店13周年おめでとうございます! 呼んでいただけて、しかもトリで嬉しいです!」と元気よく挨拶。12月7日発売の3rdシングル「ジングルガール上位時代」に話が及ぶと、「クリスマスチューンの決定版です」とHINA。今回の楽曲は、1番の歌詞を読んだ3人が、それに続くストーリーをイメージして2番の歌詞を作り上げたとのことで、「もう妄想ですよ。2人のも見たけど、読んでて恥ずかしくなりました」とYUIが語り、期待が高まる会場。

 この日はステージと客席が近かったこともあり、オーディエンスの声援にトマパイが応えつつ3人順番に水分補給するというほのぼのとした時間を挟み、HINAが「最後はノリノリでいきたいと思います!」「トマパイもやるときはやりますから!」とWADAが笑顔で盛り上げ、「POP SONG 2 YOU(remix)」「FAB」を続けざまに披露。メンバーと会場の笑顔、大歓声に包まれる!


Tomato n'Pine


 また、全5アーティストのパフォーマンス後、タワレコ新宿店の店長はじめスタッフたちがステージに登場。これまでのお客様への感謝と、今後も期待に応える店づくりや企画を約束し、オーディエンスからのあたたかな激励が飛び交う中、イベントは幕を下ろしました。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015