ニュース

ウィーザー、エピタフ移籍第1弾アルバム『ハーリー』の日本盤発売が10月27日に決定

ウィーザー   2010/08/12 13:57掲載
はてなブックマークに追加
ウィーザー、エピタフ移籍第1弾アルバム『ハーリー』の日本盤発売が10月27日に決定
 94年のデビュー以来、上質なメロディでパワー・ポップ・シーンを牽引してきたウィーザー(Weezer)以前お伝えしたように、エピタフへの移籍を発表した彼らですが、エピタフからの第1弾(通算8枚目)となるアルバム『ハーリー』が日本で10月27日にリリースされることになりました。

 今回のレーベル移籍について、フロントマンのリヴァース・クオモは、「僕たちのキャリアから考えて、今、ウィーザーにはメジャー・レーベルは必要ないと思ったんだ。自分たちのやりたいことに対して、より小回りがきいて、より的確に行動できる場所はここだった、少なくても今はね。さらにいえば、僕たちはブレット・ガーヴィッツ(エピタフのオーナー/バッド・レリジョンのギタリスト)が大好きなんだよね」と語っており、より自由な環境を手にしたウィーザーの快進撃に期待が高まります。

 そんなニュー・アルバム『ハーリー』からの1stシングル「メモリーズ」は、ウィーザー史上最もアップ・テンポなロック・ナンバー! リヴァース曰く「ブ厚いギター・サウンドが乗った、クラシックな60年代ポップ・ソング」という、彼らのルーツに戻った生々しいパワー・ポップ/ロック・サウンドが全開で、一聴してシンガロングできるまさに“アンセム”ソングとなっています。

 すでにエピタフのレーベル・サイト(http://www.epitaph.com)とバンドのMySpace(http://www.myspace.com/weezer)で視聴できますので、気になる方は即アクセス!

 さらにジャケット写真には、アメリカの人気TVドラマ『ロスト』のハーリー役であるホルゲ・ガルシアが起用されていることも発表! 「今作のタイトルには本当に悩んだね。4枚目のセルフ・タイトルにだけはしたくなかった。そんな時ガルシアの写真を見つけて、その写真が放つヴァイブに一目惚れしたんだ」とリヴァース。タイトルについても「今までのセルフ・タイトル同様、絶対に“ハーリー・アルバム”と呼ばれることになるだろうから」と、『ハーリー』と命名。しかし、今までのセルフ・タイトル・アルバム同様にアートワーク上にタイトル名は記しておらず、さらに今作はなんと自身のバンド名「ウィーザー」さえもクレジットなし。あらゆる意味でインパクト大のウィーザーのニュー・アルバムは、アメリカで9月14日、日本盤はボーナス・トラック収録で10月27日発売予定となっています。


ウィーザー


※10月27日発売(輸入盤:9月14日)
ウィーザー『ハーリー』
[収録曲]
1.Memories (1stシングル)
2.Ruling Me
3.Trainwrecks
4.Unspoken
5.Where’s My Sex?
6.Run Away
7.Hang On
8.Smart Girls
9.Brave New World
10.Time Flies
※日本盤はさらにボーナス・トラックを収録
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015