ニュース

RADWIMPS feat.菅田将暉による映画『キネマの神様』主題歌「うたかた歌」が予告編で初公開

山田洋次   2021/04/30 13:08掲載
はてなブックマークに追加
RADWIMPS feat.菅田将暉による映画『キネマの神様』主題歌「うたかた歌」が予告編で初公開
 8月6日(金)全国公開の映画『キネマの神様』の主題歌に決定したRADWIMPS feat.菅田将暉「うたかた歌」が使用された最新予告編映像が、4月30日(金)より公開されています。

 映画『キネマの神様』は、日本映画界を代表する山田洋次監督と人気小説家・原田マハ原作による松竹映画100周年を記念した作品。故・志村けんの遺志を継ぐ沢田研二と人気と実力を兼ね備えた俳優・菅田将暉がダブル主演を務めるほか、宮本信子永野芽郁など、記念すべき作品にふさわしい豪華キャスト陣が集結。RADWIMPS野田洋次郎も、菅田演じるゴウの盟友テラシン役で出演しています。

 「うたかた歌」は、すべての撮影が終わった際に、野田が感謝の気持ちを込めて山田監督にデモ音源を贈ったのが始まり。初めは主題歌として意識して制作した楽曲ではなかったとのことですが、野田からデモを受け取った映画のプロデューサーが曲に感銘を受け、「過去と現代、現実と虚構、そして天国を繋ぐこの特別な曲を、ゴウとテラシンを演じた菅田さんと野田さんに歌ってもらい、主題歌とすることで映画が完成すると確信した」と、主題歌起用に至りました。

 同曲は、野田と菅田が切なくも力強く歌い上げるノスタルジックなメロディが印象的な楽曲で、劇中のゴウとテラシンの役柄と重なり合うように歌詞に合わせて歌い分けされています。野田は「特に志村さんが亡くなったこともあり、それは一つ香りとして残したいと思いましたし、僕たちが通ってきた感情みたいなものを歌詞で残しておきたい。あの世界が音としてもこの世にずっと残っていってほしい」と作品への愛情とリスペクトも滲ませており、その願いが込められた主題歌は、今回の予告編映像のほか映画のエンドロールでも流れるとのこと。撮影の中で生まれた言葉の断片が散りばめられ、映画の登場人物たちや志村けんの顔が自然と浮かび上がるような「うたかた歌」を聴きながらのエンドロールは、しみじみと心打たれることでしょう。

拡大表示



©2021「キネマの神様」製作委員会

『キネマの神様』
2021年8月6日(金)より全国ロードショー
movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama
配給: 松竹
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] 次世代アーティストの発掘・育成・普及  Eggsプロジェクト
[インタビュー] 「勇敢」「希望」「仲間」をテーマに選曲した清塚ならではのディズニー・アルバム[インタビュー] 大人気ピアノYouTuberが“ノリノリ”と“癒し”の2枚のアルバムでデビュー ヒビキpiano
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 50周年を記念したアルティメット・コレクションの見どころ聴きどころ[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015