ニュース

山本精一、4年ぶりのうたのアルバム『selfy』発売 『PLAYGROUND』アナログ化も決定

山本精一   2020/09/29 12:28掲載
はてなブックマークに追加
山本精一、4年ぶりのうたのアルバム『selfy』発売 『PLAYGROUND』アナログ化も決定
 山本精一が、4年ぶりのうたのアルバム『selfy』(CD PCD-26080 2,600円 + 税)を11月18日(水)に発売。

 “オルタナAOR”のさきがけとなった2011年のソロ2作目『Rhapsdia』、そして前作の『童謡』から4年、少し時間をおいて晩秋にリリースされる山本精一のあたらしい“うた”のアルバムは、あくまで歌が中核を担いつつも、今年7月にリリースされたばかりの山本のインスト・ソロ作『CAFE BRAIN』に特徴的だった“耳ざわりのいいアヴァンギャルド”にも通底する、実験的な音像を絶妙に混ぜ合わせた仕上がりとなっています。

 また、これまで山本の羅針盤以降のソロ作は、基本的にドラムス以外の演奏をほぼ山本自身で行ってきましたが、今作ではドラムスにsenoo ricky、キーボード / シンセに西 滝太、IEGUTI、坂口光央、1曲のみリズムトラックの制作をSatoshi Yoshiokaが担当するなど、かつてないアプローチをみせており、このような積極的なコラボレーションの導入も、今作における特筆すべきおおきな変化であり、魅力となっています。なお収録曲は全8曲が予定されています。

 さらに、2010年発売の『PLAYGROUND』が10周年記念としてアナログLPに。11月18日に同時発売されます。アナログ化リマスタリングはピースミュージック中村宗一郎、カッティングは日本コロムビアの武沢 茂です。

■2020年11月18日(水)発売
山本精一
『selfy』

CD PCD-26080 2,600円 + 税
※曲数、曲名、曲順未定(全8曲予定)

■2020年11月18日(水)発売
山本精一
『PLAYGROUND』

LP PLP-7113 3,500円 + 税
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 50周年を記念したアルティメット・コレクションの見どころ聴きどころ[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る
[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー
[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015