ニュース

矢野顕子、デビュー45周年を飾るオリジナル・アルバム『音楽はおくりもの』リリース

矢野顕子   2021/06/10 12:54掲載
はてなブックマークに追加
矢野顕子、デビュー45周年を飾るオリジナル・アルバム『音楽はおくりもの』リリース
 デビュー以来日本を代表するアーティストとしてジャンルやカテゴリーに括られない斬新なスタイルで活躍を続ける矢野顕子が、1976年7月25日のデビュー・アルバム『JAPANESE GIRL』のリリースからまもなく45周年を迎える節目の年に、オリジナル・アルバム『音楽はおくりもの』を8月25日(水)にリリースすることが決定。

 2020年3月に三味線奏者の上妻宏光とのユニット“やのとあがつま”としてアルバムを発表し、コロナ禍で延期となっていた1年越しのツアーを大好評のうちに終えたばかりの矢野ですが、矢野顕子名義でのアルバムは2018年11月に発表した全編コラボレーション『ふたりぼっちで行こう』以来約3年ぶり、待望のリリースとなります。

 45周年の記念すべきタイミングでリリースされる新作『音楽はおくりもの』。収録曲の詳細は後日発表されるとのことですが、このアルバムのために新たに制作された多数の新曲のほか、コロナ禍の米ニューヨークと日本をリモートで繋ぎ制作された「愛を告げる小鳥」、アニメ主題歌としても好評を博した「大家さんと僕」、さらにはスペシャルなカヴァー曲を含む全10曲を収録予定。

 コロナ禍で音楽活動も普段通りに行うことが難しい状況の中、矢野顕子にとっては盟友ともいえる林立夫小原礼佐橋佳幸を迎え全編を通しバンド編成にこだわって制作された本作。バンド編成でのフル・アルバムは2008年に発表された『akiko』以来約13年ぶりとなり、45周年のキャリアを経てなお新作を届け続ける矢野顕子が、改めて音楽への愛や情熱を詰め込んだアニバーサリーを飾るにふさわしい作品と言えるでしょう。

 また、本作の“45周年記念限定盤”と銘打たれた初回盤には、2020年12月に行われた〈さとがえるコンサート2020〉のライヴ映像を収録したBlu-rayが付属することも決定。〈さとがえるコンサート〉は矢野顕子にとって“毎年恒例”の公演ですが、2020年は、予定されていたライヴや来日の延期や中止を余儀なくされたもどかしい状況のなか、観客の人数を絞ってではあるものの久々に観客の前での演奏が実現した、例年以上に感慨深い特別な公演となりました。

 Blu-rayには、この日パフォーマンスされた、矢野顕子の代表曲「春咲小紅」「ラーメンたべたい」「クリームシチュー」から、新曲「愛を告げる小鳥」まで全17曲が収録されるとのことで、新曲がたっぷり収録されるCDとともに楽しむことで、矢野顕子のこれまでと現在を存分に楽しむことができるファン必携のアイテムとなりそうです。

 矢野顕子は「辞世の句というものがある。自分が世を去る前にあらかじめ用意しておくものもあるらしい。矢野顕子の場合、『音楽はおくりもの』はそういうものかもしれない。ポップソングを作り続けて何年経ったのかわからないが、こういうものが作れたこと、そして一緒に作り上げる仲間に恵まれて、わたしは幸せです。すっごく」とコメントを寄せています。

 なお、6月10日(木)よりCDの予約受付もスタート。さらに、スタッフが更新するInstagramアカウントが開設されています。

■2021年8月25日(水)発売
矢野顕子
『音楽はおくりもの』

45周年記念限定盤 CD + Blu-ray VIZL-1833 7,480円(税込)
通常盤 CD VICL-65453 3,300円(税込)
レコード(1LP) VIJL-60245 4,950円(税込)

Instagram(スタッフアカウント)
@akikoyano_staff
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015