ニュース

YOASOBI、新曲「ラブレター」配信リリース決定&ジャケット公開 レターセット販売も

YOASOBI   2021/08/02 12:54掲載
はてなブックマークに追加
YOASOBI、新曲「ラブレター」配信リリース決定&ジャケット公開 レターセット販売も
 “小説を音楽にするユニット”YOASOBIが、8月9日(月・祝)に、TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネットで放送中の『日本郵便 SUNDAY’S POST』との共同企画で実施している「レターソングプロジェクト」から生まれた新曲「ラブレター」を配信リリースすることが決定。ジャケット写真が公開されています。

 「レターソングプロジェクト」は、2021年8月にYOASOBIが同番組に出演したことをきっかけにスタートした、リスナーからの手紙を原作にYOASOBIが楽曲制作を行なう企画。2020年8月30日から10月31日までの期間で、番組リスナーから「ありがとう」をテーマにした手紙を募集し、全国各地から届いた手紙の中から、当時小学6年生の“はつねさん”が「音楽」への感謝を綴った手紙が選ばれ、楽曲化が決定していました。本作には、7月に開催したユニクロ「UT」コラボ・ライヴ〈SING YOUR WORLD〉で共演した大阪桐蔭高等学校吹奏楽部が演奏で参加。様々な想いを込めた“ラヴ”と、音楽が広がっていく様子を鮮やかに描いた、壮大な1曲に仕上がっています。

 さらにリリースに先駆け、全国の郵便局にて新曲「ラブレター」のショート・ヴァージョンと、Ayase、ikuraによる楽曲へのメッセージを聴くことが出来る限定ポスターの掲出が8月2日(月)よりスタート。8月16日(月)からは、今年3月に実施していた、東京・代官山 蔦屋書店とのコラボ企画「LETTER BOOTH with YOASOBI」も再登場。店内に設置されたジュークボックス型のポストに手紙を投函すると、新曲「ラブレター」を聴くことができます。

 また、8月24日(火)より郵便局のネットショップにて、楽曲の世界観を楽しむことが出来るレターセット「YOASOBI ラブレターセット」の販売も決定。後日公開予定のミュージック・ビデオにも登場するモチーフを落とし込んだ、切手シート、封筒、便箋と、楽曲の原作であるはつねさんのお手紙「音楽さんへ」が封入されます。新曲「ラブレター」リリースから、さらに盛り上がりを見せる「レターソングプロジェクト」の続報をお楽しみに。

[YOASOBI コメント]
“お手紙を原作”としてどのように楽曲にするか考えた際に、僕らの曲になることで、はつねちゃんの「音楽さんへの気持ち」が、より音楽に届くように、という想いに辿りつきました。
それを一番に考えてアレンジもしたので、初めて使う楽器を取り入れるなど新しいチャレンジもしています。(Ayase)

自分の音楽に対する愛とも照らし合わせながら、はつねちゃんの真っ直ぐな気持ちやパワーをそのまま歌にすることができたのではないかと思います。(ikura〉


[はつねさん コメント]
自分の想いを受け止めてもらったことが嬉しくて、それが自分の大好きな音楽の形となって、聴けることがすごく嬉しいです。
「泣いて笑ってそんな毎日も、歩いていくんだいついつまでも」という歌詞が大好きです。


拡大表示


レターソングプロジェクトHP
www.tfm.co.jp/post/lettersong

2021年8月9日(月)配信開始
YOASOBI
「ラブレター」

orcd.co/yoasobi_loveletter

「YOASOBI ラブレターセット」販売
郵便局のネットショップ
www.shop.post.japanpost.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015