ニュース

YOASOBI、初の有観客ライヴ閉幕 ”小説を音楽にするユニット”の世界観を見せつけた圧巻のパフォーマンス

YOASOBI   2021/12/06 12:52掲載
はてなブックマークに追加
YOASOBI、初の有観客ライヴ閉幕 ”小説を音楽にするユニット”の世界観を見せつけた圧巻のパフォーマンス
 “小説を音楽にするユニット”YOASOBI。2019年11月に公開したデビュー曲「夜に駆ける」は、公開直後から瞬く間に注目を集め、国内の各種配信チャートでも1位を席巻、複数ヵ国のバイラルチャートにもランクインし、2020年の年間Billboard JAPAN総合ソング・チャートとストリーミング・ソング・チャートでは1位を獲得、第71回NHK紅白歌合戦にも出場しました。

 今年の1月6日にリリースした1st EP『THE BOOK』は、“小説を音楽にする”というコンセプトを表現したまさに“読むCD”ともいうべき豪華な仕様が大いに注目を浴びているうえ、オリコンデジタルアルバムランキングでは5週連続1位を獲得、収録されている7曲もApple MusicチャートTOP15以内にランクイン。立て続けにリリースしたTVアニメ『BEASTARS』OPテーマ「怪物」、EDテーマ「優しい彗星」も各種チャートで1位を獲得しました。

 2月には、初のワンマン・ライヴ〈KEEP OUT THEATER〉を新宿・ミラノ座跡地の工事現場にて開催。7月にユニクロ「UT」とのコラボで、ユニクロ有明本部内のUNIQLO CITY TOKYOにて開催した無料配信ライヴ〈SING YOUR WORLD〉では同時接続者数28万人を記録。12月1日に発売した2nd EP『THE BOOK 2』の売れ行きも好調な中、2022年には島本理生辻村深月宮部みゆき森絵都という4名の直木賞作家とのコラボプロジェクトを始動することを発表するなど、その勢いはとどまることを知りません。

[ライヴ・レポート]
 そんなYOASOBIが結成2年を経た12月5日(日)、日本武道館で初の有観客ライブ『NICE TO MEET YOU』を開催した。アリーナを埋め尽くす36mの巨大ステージを一階席、二階席の観客が360°ぐるりと取り囲む形の構成。ライブタイトルの通り「はじめまして」の瞬間を待ち望む観客のボルテージが最高潮に到達した夕方17時半、オープニングSEが鳴り響く。バンドメンバー、そしてスポットライトを浴びたAyase(コンポーザー)とikura(ボーカル)が姿を表すと、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。

 1曲目はikuraのアカペラが響き渡る「あの夢をなぞって」からスタート。ステージの床面はなんと合計1,682枚のLEDパネルとなっており、楽曲のモチーフでもある花火がこれでもかと飛び交うド派手な演出に、この日に向けて長期間準備をしてきたYOASOBIの力の入れようが感じられる。続く「大正浪漫」でもミュージックビデオに見られる煌びやかなグラフィックが展開し、時を超えたピュアなラブストーリーの世界に観客を誘う。「ハルジオン」では一転してアーバンな演出で、切なさを振り切って進む主人公の意思をも感じるパフォーマンスを見せた。

 初の有観客ライブであることを噛み締めるように「はじめまして、YOASOBIです!」と叫び、バンドメンバーと共にクラップを煽る。そのリズムのまま奏でられたのはラテン風のアレンジも気持ち良い「三原色」。ステージが駆動し、高さ4.4mにも及ぶ立体的なセットで、キレのあるバンドサウンドが鳴り響いた。

 続いて届けられたのは、“Have a nice day”から始まる「もう少しだけ」。さらに「ハルカ」「たぶん」と語りかけるように歌を届ける。会場が暗転し、聞こえてきたのは朗読。同名の舞台に書き下ろされた楽曲「もしも命が描けたら」へと繋ぎ、ステージには歌詞がビジュアライズされる。物語を音楽にするユニットらしい、作品の世界観に惹き込まれるパートだった。

 バンドメンバーの紹介を経て後半戦へ。今もなおトップチャートに君臨する代表曲「夜に駆ける」から、火柱も上がった「怪物」への繋ぎで会場の温度は一気にヒートアップ。一転して切ない歌声を響かせた「優しい彗星」で武道館中の観客がスマートフォンのライトを光らせた様子は、さながら星空のようだった。壮大なバラード曲「アンコール」、ライブアレンジされたイントロから繋いだ「ツバメ」を経て、ライブはいよいよクライマックスへ。本編ラストに届けられた「群青」の合唱パートでは、発声禁止という環境の中、観客一人一人が大きな手拍子と心の声を響かせた。

 オフィシャルグッズを着用して登場したアンコールで、これまでの歩みや観客への感謝を語るAyaseとikura。名残惜しそうに会話をつなぎながら、音楽に対するありがとうという気持ちを綴った「ラブレター」で締め、初の有観客ライブは大盛況のうちに幕を閉じた。


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示

Photo by Kato Shumpei

〈NICE TO MEET YOU〉
2021年12月4日(土) / 12月5日(日)
東京 日本武道館
※来場数: 14,000人(2日間計)

[セットリスト]
01. あの夢をなぞって
02. 大正浪漫
03. ハルジオン
04. 三原色
05. もう少しだけ
06. ハルカ
07. たぶん
08. もしも命が描けたら
09. 夜に駆ける
10. 怪物
11. 優しい彗星
12. アンコール
13. ツバメ
14. 群青
En1. ラブレター
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015