ニュース

吉井和哉、「Wカズヤ対談」&カヴァー・アルバム全楽曲初解禁を含む、ニコ生24時間特番の超豪華内容発表!

吉井和哉   2014/10/30 15:04掲載
はてなブックマークに追加
吉井和哉、「Wカズヤ対談」&カヴァー・アルバム全楽曲初解禁を含む、ニコ生24時間特番の超豪華内容発表!
 キャリア初のカヴァーアルバム『ヨシー・ファンクJr.〜此レガ原点!!〜』を11月19日(水)にリリースする吉井和哉。そのリリースに先駆け、11月1日(土)から2日(日)にかけて吉井和哉を大特集するニコニコ24時間生放送。その超豪華内容が発表されました。

 まず注目すべきは、番組24時間を通して、11月19日発売のカヴァーアルバム『ヨシー・ファンクJr.〜此レガ原点!!〜』の全楽曲がフル尺でオンエアされるということ。カヴァーアルバムの全楽曲をどこよりも早く聴くことができます。

 さらに、今回の放送では2003年から2013年にかけて発表された吉井和哉の全映像作品がフル尺でニコ生初上映されます。またTHE YELLOW MONKEY時代の代表的ライヴ2作品、『TRUE MIND“NAKED”武道館公演(1996)』、『RED TAPE“NAKED”西宮スタジアム公演(1997)』も、フル尺でオンエアされます。

 そして今回、吉井和哉がニコニコ生放送に初出演するにあたり注目すべきプログラムが「Wカズヤ対談」。美空ひばりの長男であり、「ひばりプロダクション」の代表取締役社長である加藤和也氏と吉井和哉という2人の「カズヤ」による異色対談がニコニコ生放送上で実現。吉井和哉がTHE YELLOW MONKEY時代に在籍し、今回のカヴァー・アルバムのリリース元であるコロムビアで10月某日に行なわれた今回の対談では、美空ひばりにまつわるエピソードをはじめ、「真赤な太陽」をカヴァーすることになった真相、音楽談義、2人の共通の趣味に至るまで、幅広い内容が繰り広げられている模様。また対談の前には、今回のカヴァー・アルバムについて吉井和哉本人が初めて語るパートもたっぷり用意されているとのこと。

 番組では、こうした注目プログラムの合間に、奥田民生斉藤和義前川 清山田孝之ローリー寺西ほか、豪華メンツによるコメント出演が挟み込まれることになっています。さらに番組後半では、未公開の秘蔵映像もいくつか用意されているとのこと。まさに初出演、初公開の連続となるこの番組、24時間を通して吉井和哉のすべてをさまざまな角度から体感することが出来る超豪華な内容となっています。なお、番組のタイムテーブル詳細は、前日の10月31日(金)に発表されるとのこと。

ニコニコ生放送
「吉井和哉 初のカヴァーアルバム発売記念24時間特番」

live.nicovideo.jp/watch/lv194599285
2014年11月1日(土)〜11月2日(日)
開場 20:50 / 開演 21:00

[番組内放送作品]
・YOSHII LOVINSON〜吉井和哉 全ミュージックビデオ(2003〜2013)
・ライヴ作品『STILL ALIVE -YOSHII LOVINSON TOUR 2005 AT the WHITE ROOM-』(2005)
・ライヴ作品『the motion picture TOUR 2009 宇宙一周旅行』(2009)
・ライヴ作品『TOUR 2013 GOODBYE YOSHII KAZUYA』 2013.5.18福島あづま総合体育館(2013)
・ドキュメント作品『The Documentary of TOUR 2013 GOODBYE YOSHII KAZUYA』(2013)
・ドキュメント作品『LOST -誰が彼を殺したか-』(2012)
・映画『パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE』(2013)

■2014年11月19日発売
吉井和哉
『ヨシー・ファンクJr.〜此レガ原点!!〜』

CD COCP-38893 3,000円 + 税
アナログ / 初回生産限定 COJA-9285 3,800円 + 税

[収録曲]
01. SPINNING TOE HOLD 〜OPENING〜
(クリエイション / 1977年)
02. 真赤な太陽
(美空ひばり / 1967年)
03. ウォンテッド(指名手配)
(ピンク・レディー / 1977年)
04. おまえがパラダイス
(沢田研二 / 1980年)
05. 噂の女
(内山田洋とクール・ファイブ / 1969年)
06. 夢の途中
(来生たかお / 1981年)
07. あの日にかえりたい
(荒井由実 / 1975年)
08. 人形の家
(弘田三枝子 / 1969年)
09. 百合コレクション
(あがた森魚 / 1984年)
10. さらばシベリア鉄道
(大滝詠一 / 1980年)
11. 襟裳岬
(森 進一 / 1973年)
12. SPINNING TOE HOLD 〜ENDING〜
(クリエイション / 1977年)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015