ニュース

由紀さおり&ピンク・マルティーニ、NYコンサート大成功!

由紀さおり   2011/12/15 15:51掲載
はてなブックマークに追加
由紀さおり&ピンク・マルティーニ、NYコンサート大成功!
 アルバム『1969』が大ヒット中の由紀さおり、12月13日にNYのタウンホールでコンサートで行ない大盛況に!

 この日のコンサートは、アルバム『1969』でコラボした米国のジャズ・オーケストラ、ピンク・マルティーニのワールド・ツアーの中の1本。由紀さおりは12日のワシントン公演から合流し、米国で2本目のステージ。

 アルバム『1969』は、世界的に大きな変革期を迎えていた“1969年”に着目。自身のデビュー曲「夜明けのスキャット」を含む、当時日本や世界でヒットしたポップスや歌謡曲をカヴァーし、全12曲を収録。制作当初は日本だけの発売を予定していたそうですが、世界22ヵ国で次々と発売が決定! アメリカiTunesジャズチャート1位、カナダiTunesワールドミュージックチャート1位と、まず海外で高い評価を得て、その後日本にもヒットの波は広がり、オリコンウイークリーランキング2週連続8位を記録しています(12月19日付)。

 コンサートは、NYのタイムズスクエアにほど近いタウンホールで開催。満員の観客が見守る中、第1部で3曲(「ブルー・ライト・ヨコハマ」「さらば夏の日」「パフ」)、第2部で5曲(「夕月」「夜明けのスキャット」「真夜中のボサノバ」「ホワイト・クリスマス」「マシュケナダ」)と全8曲を披露。彼女の澄んだ歌声にはじめて触れた観客からは驚愕と歓声の声が上がり、大きな盛り上がりの中、幕を下ろしました。

 10月に英国ロンドン / ロイヤル・アルバート・ホールでピンク・マルティーニとの初共演を果たし、大きな喝采を受けた由紀さおり。今回のNY公演を終えて「ニューヨークというエンタテインメントの都の由緒あるタウンホールで歌うことができ、本当に幸せでした。大きなチャンスをくださったトーマス(ピンク・マルティーニのリーダー)に心から感謝します」と語っています。

 ピンク・マルティーニとの全米ツアーは14日にNY公演の2日目、ボストンでの2公演(12月16日、17日)、そしてピンク・マルティーニの本拠地ポートランド(12月20日)と続きます。


由紀さおり
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015