リサーチ

ワールドカップバレーボール2003で流れていた曲。

2003/12/01掲載
はてなブックマークに追加
ワールドカップ2003の会場で流れていた曲が知りたいのです。何度も流れていたので、公式テーマソングかと思ったのですが‥‥。歌詞はずっと英語で「stand up」というような響きの言葉を何度か繰り返していました。よろしくお願いします。
 「ワールドカップバレーボール2003」は、女子は中国、男子はブラジルの初優勝で幕を閉じ、残念な結果となった日本ですが、女子の対キューバ戦のファイナルセットまでもつれた末の勝利は感動ものでしたね。

 今大会のイメージソングはもうお馴染みNEWSのデビュー曲「NEWSニッポン」ですが、タイム中などに流れている曲は、ライト・セッド・フレッド「Stand Up」で、NEWSのメンバーを含むジャニーズJr.のユニット“K.K.Kity”によるカヴァーでした。

 ライト・セッド・フレッド(Right Said Fred)は、91年のデビュー・シングル「I'm Too Sexy」でイギリス・オーストラリア、そしてついには全米チャートでもNo.1を獲得したイギリス発の3人組ユニット。現在は2人組となって活動をしていますが、あきらかに同性愛者を思わせるそのユニークなスタイルと、ポップで覚えやすいメロディが嵌ります!笑えるジャケット・アートや、リリース情報、曲の試聴は彼らのオフィシャルHPをチェックしてみてください。
K.K.Kityによるカヴァー曲を収録したCDは発売されていないようですが、オリジナルのライト・セッド・フレッドの『Stand Up』は輸入盤(2002 Kingsize Records)にてお探しください。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015