リサーチ

ワールドカップバレーボール2003で流れていた曲。

2003/12/01掲載
はてなブックマークに追加
ワールドカップ2003の会場で流れていた曲が知りたいのです。何度も流れていたので、公式テーマソングかと思ったのですが‥‥。歌詞はずっと英語で「stand up」というような響きの言葉を何度か繰り返していました。よろしくお願いします。
 「ワールドカップバレーボール2003」は、女子は中国、男子はブラジルの初優勝で幕を閉じ、残念な結果となった日本ですが、女子の対キューバ戦のファイナルセットまでもつれた末の勝利は感動ものでしたね。

 今大会のイメージソングはもうお馴染みNEWSのデビュー曲「NEWSニッポン」ですが、タイム中などに流れている曲は、ライト・セッド・フレッド「Stand Up」で、NEWSのメンバーを含むジャニーズJr.のユニット“K.K.Kity”によるカヴァーでした。

 ライト・セッド・フレッド(Right Said Fred)は、91年のデビュー・シングル「I'm Too Sexy」でイギリス・オーストラリア、そしてついには全米チャートでもNo.1を獲得したイギリス発の3人組ユニット。現在は2人組となって活動をしていますが、あきらかに同性愛者を思わせるそのユニークなスタイルと、ポップで覚えやすいメロディが嵌ります!笑えるジャケット・アートや、リリース情報、曲の試聴は彼らのオフィシャルHPをチェックしてみてください。
K.K.Kityによるカヴァー曲を収録したCDは発売されていないようですが、オリジナルのライト・セッド・フレッドの『Stand Up』は輸入盤(2002 Kingsize Records)にてお探しください。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015