ニュース

モーマスが“志村けん”にインスパイアされた新曲を発表!

2004/04/21掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 いわゆる“日本通”と呼ばれるミュージシャンは多いですが、彼ほど、日本をこよなく愛するミュージシャンはいないかも知れない、日本大好きミュージシャン“モーマス”。最近では日本に住んでいる時間も長くなり、あの浅草キッドの水道橋博士とも、なぜだか仲が良いというモーマスは、ひょっとすると日本人以上に日本に詳しいかもしれないと思わすほど、日本をよく知る人物。そんなモーマスが、今回なにも思ったか、あの“志村けん”にインスパイアされた新曲を制作してしまったそうで、自身のblogページに、その新曲を発表してしまいました!

 「Corkscrew King」と題されたこの曲は、サビの部分で、♪バカ殿、バケモノ、ヘンなおじさん がむしゃら、セクハラ、ヘンなおじさん〜と、音頭調のリズムに合わせて、彼自身が日本語で歌っているという、いかにも不思議さ漂うモーマスらしい一風変わった曲。わざわざ、同ページにて、「バカ殿」を“裸の女性と跳ね回るハレンチな王様”、「ヘンなおじさん」を“恥を示さないスケベ親父”と紹介していることから、どうやら、モーマスは志村けんの“スケベな部分”に多大なるインスパイアを受けたらしく、この曲の詞もスケベなもので統一されています。ただ、そこは一筋縄ではいかないモーマスのこと、この曲についても、“志村けんとフランケンシュタイン、そして、W.B.イェーツをミックスした曲”と解説するなど、凡人にはその意味が分からない発言もしています。その発言はともかくとして、日本人であるならば、是非とも聴いてみて欲しい面白い曲となっているので、アナタも是非とも聴いてみてください! 出来れば、志村けんにも聴いて欲しいものですね? (写真は『バカ殿様とミニモニ姫。/シングルV「アイ〜ン体操&アイ〜ン!ダンスの唄」』
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015