ニュース

「デビルマン」の新作アニメ「DEVILMAN crybaby」Netflix独占配信決定 特報も公開

2017/03/16 15:08掲載
はてなブックマークに追加
「デビルマン」の新作アニメ「DEVILMAN crybaby」Netflix独占配信決定 特報も公開
 永井 豪による漫画「デビルマン」を原作とした新作アニメーション「DEVILMAN crybaby」が、2018年初春よりNetflixにて独占世界配信決定。ティーザー・ヴィジュアルと特報が公開されています。

 人間の心に悪魔の力と姿を持つ“デビルマン”として人類を悪魔から守ろうとする高校生“不動 明”の活躍を描く「デビルマン」。1972年に初めてTVアニメ化されると、2004年には実写映画も製作されています。

 「DEVILMAN crybaby」の監督を務めたのは映画「夜は短し歩けよ乙女」の公開も控える湯浅政明。“不動 明”と親友“飛鳥 了”の出会いからデビルマンの誕生、さらに“デビルマン”と飛鳥が変身した“サタン”が繰り広げる闘い“ハルマゲドン”までを描き上げます。濃密な脚本を手がけたのは『甲鉄城のカバネリ』で知られる大河内一楼。音楽は『ピンポン THE ANIMATION』でも湯浅とタッグを組んだ、牛尾憲輔agraph)が担当します。

 公開された特報では、“デビルマン”が燃え盛る炎の中に立ち尽くす姿や、敵を壁や床に押し付け潰すバイオレントな描写が確認できます。作品に関して湯浅監督は「バイオレンス、エログロなどありますが、最終的に“愛”です。楽しみに待っていてください」とコメントしています。


原作コミック「デビルマン」のアニメ化のお話を聞いた時、まず一番に思ったのは「最後まで描いてくれるの?」でした(笑)。僕が絶大な信頼を置いている湯浅監督なら、やりきってくれると信じています。デビルマンとデーモンの闘いが、アニメーションでどのように描かれ、決着がつくのか。二度と実現出来ないかもしれない「デビルマン」の結末までのアニメーションを、僕自身楽しみにしています。
――永井 豪

最も衝撃を受けた漫画「デビルマン」のアニメ化を、まさか自分がやる事になるとは!漫画史上最高とも言える衝撃的な展開と壮大なラストシーンにたどり着くため、原作のスピリット、エッセンスを「今やるアニメーション」の形に落とし込む作業に日々悪戦苦闘中です。しかし配信という事で制約も少ないので、限界までやりますよ!バイオレンス、エログロなどありますが、最終的に「愛」です。楽しみに待っていてください。
――湯浅政明

湯浅政明監督と漫画「デビルマン」をアニメ化させて頂きます。永井豪先生による壮大な一大叙事詩の本質を、余すことなくアニメにするためにチームが一丸となって取り組んでいます。監督とともに巨大な原作に挑むのはピンポン The Animation以来。あの時と同じチームで、またあの熱い日々を過ごせている事をとても光栄に思っています。監督がおっしゃる通り「愛」の作品です。是非ご期待下さい。
――牛尾憲輔

©Go Nagai-Devilman Crybaby Project

「DEVILMAN crybaby」
2018年初春よりNetflixにて独占配信
devilman-crybaby.com

[あらすじ]
主人公、不動明はある日親友の飛鳥了から、地球の先住人類「デーモン(悪魔)」が復活し、地球を人類から奪い返そうとしていることを知らされる。了は明に、デーモンの超能力を取り入れて戦わなくては人類に勝ち目はないと、デーモンと合体する話を持ちかけてくる。明は、悪魔の力と人間の心を持つデビルマンとなることに成功。デビルマン、不動明の戦いが始まる――

原作: 永井 豪「デビルマン」
監督: 湯浅政明
脚本: 大河内一楼
音楽: 牛尾憲輔
アニメーション制作: サイエンスSARU
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015