ニュース

“ショパンの国”ポーランドのジャズ・ピアノ・コンピレーション・アルバム発売

2017/12/14 12:49掲載
はてなブックマークに追加
 近年、スワヴェク・ヤスクウケらの活躍をきっかけに注目を浴びる、ポーランドのジャズ・シーン。“ショパンの国”として知られる同国ならではの“ピアノ”をテーマにしたコンピレーション・アルバム『ポーランド・ピアニズム』(RPOZ-10037 2,500円 + 税)が12月20日(水)にリリースされます。

 選曲は日本におけるポーランド・ジャズ研究の第一人者、オラシオが手がけ、全曲国内初CD化となる11曲を収録。美しいメロディと多彩なコンポジション、ネオ・クラシカルやユーロ・フォークのセンスも併せ持ち、“ヨーロッパのジャズ”という言葉だけでは括れないさまざまな個性が魅力のポーリッシュ・ジャズは、60年代から数多くの映画音楽にジャズ作曲家が起用されてきた背景もあり、演奏からは映像的なトーンも感じられます。

 収録アーティストはスワヴェク・ヤスクウケをはじめ、同国のスター・プレイヤー、レシェク・モジジェルが結成した多国籍トリオや、ヤスクウケとデュオも組む現代ポーランド・ジャズ最先端ピアニスト、ピョトル・ヴィレジョウ、ポスト・クラシカル作品や映画音楽も手掛けるセバスティアン・ザヴァツキら、ポーランド・ジャズを代表するピアニストが揃っています。



■2017年12月20日(水)発売
ポーランド・ピアニズム
RPOZ-10037 2,500円 + 税

[収録曲]
01. サファーリング(モジジェル=ダニエルソン=フレスコ)
02. 5 / 8(フランチシェク・ラチュコフスキ・トリオ)
03. マルィ(スワヴェク・ヤスクウケ・トリオ)
04. ホワイト・ウォーター(ピョトル・ヴィレジョウ)
05. レプブリカ・マジェニ(ハニャ・ラニ&ドブラヴァ・チョヘル)
06. シンプル・ジャングル (シンプル・アコースティック・トリオ)
07. ズヴウォカ(セバスティアン・ザヴァツキ・トリオ&ストリングズ)
08. シェデム・シェデム (トゥビス・トリオ)
09. プションシニチュカ (レシェク・クワコフスキ)
10. ザ・サイン ミハウ・トカイ・トリオ)
11. バイ・ゾポト(スワヴェク・ヤスクウケ&ハンセアティカ・チェンバー・オーケストラ)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015