ニュース

“ショパンの国”ポーランドのジャズ・ピアノ・コンピレーション・アルバム発売

2017/12/14 12:49掲載
はてなブックマークに追加
 近年、スワヴェク・ヤスクウケらの活躍をきっかけに注目を浴びる、ポーランドのジャズ・シーン。“ショパンの国”として知られる同国ならではの“ピアノ”をテーマにしたコンピレーション・アルバム『ポーランド・ピアニズム』(RPOZ-10037 2,500円 + 税)が12月20日(水)にリリースされます。

 選曲は日本におけるポーランド・ジャズ研究の第一人者、オラシオが手がけ、全曲国内初CD化となる11曲を収録。美しいメロディと多彩なコンポジション、ネオ・クラシカルやユーロ・フォークのセンスも併せ持ち、“ヨーロッパのジャズ”という言葉だけでは括れないさまざまな個性が魅力のポーリッシュ・ジャズは、60年代から数多くの映画音楽にジャズ作曲家が起用されてきた背景もあり、演奏からは映像的なトーンも感じられます。

 収録アーティストはスワヴェク・ヤスクウケをはじめ、同国のスター・プレイヤー、レシェク・モジジェルが結成した多国籍トリオや、ヤスクウケとデュオも組む現代ポーランド・ジャズ最先端ピアニスト、ピョトル・ヴィレジョウ、ポスト・クラシカル作品や映画音楽も手掛けるセバスティアン・ザヴァツキら、ポーランド・ジャズを代表するピアニストが揃っています。



■2017年12月20日(水)発売
ポーランド・ピアニズム
RPOZ-10037 2,500円 + 税

[収録曲]
01. サファーリング(モジジェル=ダニエルソン=フレスコ)
02. 5 / 8(フランチシェク・ラチュコフスキ・トリオ)
03. マルィ(スワヴェク・ヤスクウケ・トリオ)
04. ホワイト・ウォーター(ピョトル・ヴィレジョウ)
05. レプブリカ・マジェニ(ハニャ・ラニ&ドブラヴァ・チョヘル)
06. シンプル・ジャングル (シンプル・アコースティック・トリオ)
07. ズヴウォカ(セバスティアン・ザヴァツキ・トリオ&ストリングズ)
08. シェデム・シェデム (トゥビス・トリオ)
09. プションシニチュカ (レシェク・クワコフスキ)
10. ザ・サイン ミハウ・トカイ・トリオ)
11. バイ・ゾポト(スワヴェク・ヤスクウケ&ハンセアティカ・チェンバー・オーケストラ)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015