ニュース

アンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディアの1stアルバム『ジャン=マリー・ルクレールの肖像』が登場!

アンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディア   2013/03/05 16:11掲載
はてなブックマークに追加
 ヨーロッパの古楽シーンの第一線で活躍する日本人演奏家が集まって結成されたアンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディア(Ensemble Ricreation d'Arcadia)の1stアルバム『ジャン=マリー・ルクレールの肖像』(ALCD-1134 税込2,940円)が3月7日にリリースされます。

 イタリアのボンポルティ国際古楽コンクール第1位、聴衆賞、ORF(オーストリア国営放送)録音賞受賞を皮切りに、ヨーロッパのさまざまな音楽祭で圧倒的な支持を得、近年では国内古楽界でも飛ぶ鳥を落とす勢いのアンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディア。メンバーの懸田貴嗣(チェロ)と渡邊 孝(チェンバロ)によるアルバム『ランゼッティ:チェロ・ソナタ集』(ALCD-1131)は昨年末に第67回文化庁芸術祭優秀賞を受賞し、話題になりました。

 “Ricreation d'Arcadia”の名の通り“理想郷での楽しみ”を信条とし、とくにバロック・古典派初期のトリオ・ソナタなどの室内楽作品を得意とする彼らが、今作では18世紀ヴァイオリン音楽の雄ルクレール(1697-1764)の“美のアルカディア(理想郷)”に迫ります。

 緻密・奔放・優美、そして愉悦……フランス・バロックの魅力がこの一枚に!

※2013年3月7日(木)発売
アンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディア
『ジャン=マリー・ルクレールの肖像』
(ALCD-1134 税込2,940円)

[収録曲]
ルクレール:
01. 序曲第2番ニ長調
02. 2つのヴァイオリンのためのソナタ第6番 変ロ長調op.12-6
03. トリオ・ソナタ第4番ヘ長調op.4-4
04. ヴァイオリン・ソナタ第8番ト長調op.1-8
05. 音楽の気晴らし第1集ニ長調

[演奏者]
アンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディア

[録音]
2012年2月21〜23日 彩の国さいたま芸術劇場
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015