ニュース

ユベール・スダーン&東京交響楽団によるブルックナーの交響曲第8番が登場!

ユベール・スダーン(Hubert Soudant)   2011/07/05 14:25掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 ユベール・スダーン(Hubert Soudant)東京交響楽団によるニュー・アルバム『ブルックナー:交響曲第8番(ノヴァーク版第2稿)』(NF-21203 税込3,000円)が7月15日にリリースされます。

 ブルックナーの交響曲の中でも、「最高傑作」と音楽監督スダーンが愛してやまない交響曲第8番が満を持して登場。2010年11月、東京交響楽団の本拠地、ミューザ川崎シンフォニーホールにおいて、2日間をかけてセッション録音されました。

 2009年に発売された『ブルックナー:交響曲第7番』は、第22回ミュージック・ペンクラブ音楽賞の最優秀アルバム賞(クラシック日本人演奏部門)と最優秀録音賞の2部門でダブル受賞しました。

 今回の交響曲第8番でも、ホールの響きを知りつくした指揮者とオーケストラによる演奏と、N&Fの高い録音技術が見事に実を結んでいます。

 前作同様、通常CDのほかに、SA-CD(NF-51203 税込4,000円)でも発売されます。

 ミューザ川崎シンフォニーホールは、3月の東日本大震災で被害を受け、約2年間使用できなくなりました。今作は、ホールの優れた響きが再現された貴重なCDでもあります。


※7月15日発売
ユベール・スダーン指揮 東京交響楽団
『ブルックナー:交響曲第8番(ノヴァーク版第2稿)』
通常CD:NF-21203 税込3,000円
SA-CD(Stereo+5.1 Surround):NF-51203 税込4,000円 ※CDプレイヤーでの再生不可

[録音]
2010年11月25、26日 ミューザ川崎シンフォニーホール
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」
[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』
[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』
[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち[インタビュー] こいつガチだ――覚悟を決めたCANDY GO!GO!の自信作『IDOROCK』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015