ニュース

岩崎宏美、約4年ぶりのオリジナル・アルバム『Hello! Hello!』を発表

岩崎宏美   2017/06/28 14:18掲載
はてなブックマークに追加
 岩崎宏美が、約4年ぶりとなるオリジナル・アルバム『Hello! Hello!』(TECI-1554 2,778円 + 税)を8月16日(水)にリリース。2014年5月にリリースしたデビュー39周年記念シングル「Thank You!」をはじめ、40周年記念シングル「光の軌跡」、国府弘子とのデュオ・アルバム『Piano Songs』のために書き下ろされた、岩崎自身が作詞を担当した「大切な人」、NHK「ラジオ深夜便」にて“深夜便のうた”として今年4月から放送された「夢の線路」、幼いわが子を残して逝ってしまった母の気持ちを歌う最新シングル「」を含む全10曲を収録。

 「それが自分の人生の一部だとしたら、悲しみさえも愛おしい。これから出会う楽しいことや悲しいこと、すべての出来事に笑顔で“Hello!”と言えるように、そんな前向きな気持ちをこめて、聴いた人が元気になれるアルバムを作りたい」という岩崎の言葉から生まれた今作は、バラードだけでなくポップな楽曲も収められた、温かみのある内容となっています。

 岩崎宏美は7月末よりライヴハウス・ツアー〈岩崎宏美アコースティックライブ 2017〉を開催。ツアーでは、ディズニー映画「美女と野獣」の日本語吹き替え版にて、岩崎演じる“ポット夫人”が劇中で歌うテーマ曲「美女と野獣」の披露も予定されています。

■2017年8月16日(水)発売
岩崎宏美
Hello! Hello!

TECI-1554 2,778円 + 税

[収録予定曲 / 曲順未定]
01. Hello! Hello!
(作詞: 川島隆寛、上田起士 / 作曲: 川島隆寛 / 編曲: 上杉洋史)
02. 歌になりたい
(作詞: 遠藤幸三 / 作曲: 野井洋児 / 編曲: 上杉洋史)
03. 絆
(作詞: 土屋誠真、竹森 巧 / 作曲: 竹森巧 / 編曲: 上杉洋史)
04. シアワセ色
(作詞・作曲: 田村武也 / 編曲: 上杉洋史)
05. 光の軌跡
(作詞: 京えりこ / 作曲: 池間史規 / 編曲: 渡辺俊幸)
06. Thank You!
(作詞・作曲・編曲: 斎藤 誠)
07. 虹をわたりましょう
(作詞・作曲: BOUNCEBACK / 編曲: 上杉洋史)
08. 夢の線路
(作詞・作曲: 田村武也 / 編曲: 上杉洋史)
09. 大切な人
(作詞: 岩崎宏美 / 作曲: 国府弘子 / 編曲: 大坪稔明)
10. 栞
(作詞・作曲: UZA / 編曲: 上杉洋史)

岩崎宏美アコースティックライブ 2017
出演: 岩崎宏美 / 青柳 誠(p) / 古川昌義(g)

7月28日(金)
東京 丸の内 COTTON CLUB
1st 開場 17:00 / 開演 18:30
2nd 開場 20:00 / 開演 21:00
2nd テーブル席(自由席)のみ予約受付中
※お問い合わせ: COTTON CLUB 03-3215-1555(平日: 11:00〜22:30 / 土日祝: 11:00〜21:00)

7月29日(土)
神奈川 横浜 Motion Blue YOKOHAMA
1st 開場 15:30 / 開演 16:45
2nd 開場 18:30 / 開演 19:45
自由席 9,000円 / BOX席 36,000円 + シート・チャージ 6,000円(4名まで利用可能)
※お問い合わせ: Motion Blue YOKOHAMA 045-226-1919(11:00〜21:00)

8月5日(土)
愛知 名古屋 NAGOYA Blue Note
1st 開場 16:00 / 開演 17:00
2nd 開場 19:00 / 開演 20:00
9,300円

8月6日(日)
愛知 名古屋 NAGOYA Blue Note
1st 開場 16:00 / 開演 17:00
2nd 開場 19:00 / 開演 20:00
9,300円
※お問い合わせ: NAGOYA Blue Note 052-961-6311(11:00〜20:00 / 土日祝は休み)

8月18日(金)
大阪 梅田 Billboard Live OSAKA
1st 開場 17:30 / 開演 18:30
2nd 開場 20:30 / 開演 21:30
自由席 8,500円 / Casual席(1ドリンク付)7,500円

8月19日(土)
大阪 梅田 Billboard Live OSAKA
1st 開場 15:30 / 開演 16:30
2nd 開場 18:30 / 開演 19:30
自由席 8,500円 / Casual席(1ドリンク付)7,500円
※お問い合わせ: Billboard Live OSAKA 06-6342-7722
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015