ニュース

佐藤タイジが太陽光の電気を使ってライヴを開催

佐藤タイジ   2012/10/29 15:39掲載
はてなブックマークに追加
佐藤タイジが太陽光の電気を使ってライヴを開催
 THEATRE BROOK佐藤タイジが、10月27日(土)に東京・代々木公園で開催されたイベント〈earth garden“秋”2012〉にゲストとして出演、太陽光発電で生み出した電気を使ってライヴを行ないました。

 佐藤タイジは、きたる12月20日(木)に太陽光発電の電気のみを使ったライヴ〈THE SOLAR BUDOKAN〉を日本武道館で開催。今回はそのライヴに備え、公演当日に使用予定の電源システムを実際に試してみる公開実験的なイベントに。ライヴ用の電源は会場に用意された縦60cm×横100cmサイズの蓄電池ソーラー・パネル3基から供給。「蓄電池ピクニックへようこそ!」なるMCでライヴはスタートし、ニュー・アルバム『最近の革命』(12月12日発売予定)収録曲など、全5曲を披露。

 「太陽光発電だけで武道館ライヴをやることを思いついた、きっかけとなった曲です!」とコメントした「ありったけの愛」は、歌詞にキーワードとして“太陽”が出てくるTHEATRE BROOKの代表曲。コーラス部分では、集まったオーディエンスも一緒になって大合唱、音楽に合わせて楽しそうに踊る子供たちの姿も印象的なステージに。

 イベントのために作った新曲「100% SOLAR BUDOKANの歌」で約60分のイベントは終了。その後、前日から約8時間かけて充電された3基の蓄電池の残量をチェックすると、まだ60%近く残ってることもわかり、実験結果も上々。〈THE SOLAR BUDOKAN〉に向けて、まずは安心材料となりました。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015