ニュース

佐藤タイジが太陽光の電気を使ってライヴを開催

佐藤タイジ   2012/10/29 15:39掲載
はてなブックマークに追加
佐藤タイジが太陽光の電気を使ってライヴを開催
 THEATRE BROOK佐藤タイジが、10月27日(土)に東京・代々木公園で開催されたイベント〈earth garden“秋”2012〉にゲストとして出演、太陽光発電で生み出した電気を使ってライヴを行ないました。

 佐藤タイジは、きたる12月20日(木)に太陽光発電の電気のみを使ったライヴ〈THE SOLAR BUDOKAN〉を日本武道館で開催。今回はそのライヴに備え、公演当日に使用予定の電源システムを実際に試してみる公開実験的なイベントに。ライヴ用の電源は会場に用意された縦60cm×横100cmサイズの蓄電池ソーラー・パネル3基から供給。「蓄電池ピクニックへようこそ!」なるMCでライヴはスタートし、ニュー・アルバム『最近の革命』(12月12日発売予定)収録曲など、全5曲を披露。

 「太陽光発電だけで武道館ライヴをやることを思いついた、きっかけとなった曲です!」とコメントした「ありったけの愛」は、歌詞にキーワードとして“太陽”が出てくるTHEATRE BROOKの代表曲。コーラス部分では、集まったオーディエンスも一緒になって大合唱、音楽に合わせて楽しそうに踊る子供たちの姿も印象的なステージに。

 イベントのために作った新曲「100% SOLAR BUDOKANの歌」で約60分のイベントは終了。その後、前日から約8時間かけて充電された3基の蓄電池の残量をチェックすると、まだ60%近く残ってることもわかり、実験結果も上々。〈THE SOLAR BUDOKAN〉に向けて、まずは安心材料となりました。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015