ニュース

ガムラン奏者・川村亘平率いるTAIKUH JIKANG、1stアルバムをリリース!

TAIKUH JIKANG   2011/06/15掲載(Last Update:13/03/19 14:32)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 朝崎郁恵UA原田郁子一十三十一、U-Zhaanほか数多くのアーティストとの共演や、SUARA SANA、ウロツテノヤ子といったグループでも活躍するガムラン奏者・川村亘平。彼が率いるソロ・ユニット、TAIKUH JIKANGが初のフル・アルバム『滞空時間』(NESIA-001 税込1,800円)をリリース! 6月26日発売。

 日本ガムラン界の第一人者・濱元智行をはじめ、Go Arai(Vn)、サウンド・アーティストさとうじゅんこ(voice)や、OOIOOよりパーカッショニストOLAibi、AYA(b)の2人と多彩なゲスト陣が参加、ガムランでも参加している辻 圭介による録音の下制作された本作。ガムランから連想される土着感を保ちつつ、アーバンと呼んで差し支えないであろうモダンなテイストも纏う様はまさに無国籍! 時間すらも超越した新たな民族音楽作品となっています。神奈川・大磯の浜辺や、東京・善福寺公園などでフィールド・レコーディングされたプリミティヴでもっこりした音像が、各楽器の旨みを存分に引き出しているのも大きな魅力。ワールド・ミュージック / ガムラン・ファンはもちろん、ASA-CHANG & 巡礼からLATIN PLAYBOYS(ラテン・プレイボーイズ)などのファンまで楽しめるであろうハイブリッド極上作です!

TAIKUH JIKANG
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015