ニュース

ガレージ・サイケの名バンド ザ・シーズのスカイ・サクソンが死去

ザ・シーズ(The Seeds)   2009/06/26 14:34掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 ガレージ・サイケを語るうえでは欠かせない名バンド、ザ・シーズ(The Seeds)のフロントマンとして活躍したスカイ・サクソン(Sky Saxon)が6月25日、米テキサスのオースティンにある病院にて死去しました。死因は明らかにされていませんが、内臓の伝染病を医師に指摘され、入院していたようです。

 誕生年にいくつかの説(1937年、45年、46年)があるスカイ・サクソンは、60年代初めよりミュージシャンとしてのキャリアをスタート。いくつかのバンドを経て、65年にザ・シーズを結成。ファズ・ギターとエレキ・ピアノをベースに、1コードか2コードでひたすら突っ走るナンバーを得意としたバンドで、翌66年には、唯一の全米トップ40ヒット・ナンバー「Pushin' Too Hard」を含んだデビュー作『ザ・シーズ』(写真)を発表します。

 ザ・シーズは68年に解散。その後は、いわゆるスピリチュアルな世界に魅了され表舞台から遠ざかっていましたが、2004年にSky Saxon & The Seeds名義でアルバム『RED PLANET』をリリースするなど活動を再開。2008年にはスマッシング・パンプキンズビリー・コーガンと新曲を制作していたようです。

 魔的な魅力を持つ歌声で、多くのリスナーを深みにはまらせた奇人スカイ・サクソン。心よりご冥福をお祈りします。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015