ニュース

ガレージ・サイケの名バンド ザ・シーズのスカイ・サクソンが死去

ザ・シーズ(The Seeds)   2009/06/26 14:34掲載
はてなブックマークに追加
 ガレージ・サイケを語るうえでは欠かせない名バンド、ザ・シーズ(The Seeds)のフロントマンとして活躍したスカイ・サクソン(Sky Saxon)が6月25日、米テキサスのオースティンにある病院にて死去しました。死因は明らかにされていませんが、内臓の伝染病を医師に指摘され、入院していたようです。

 誕生年にいくつかの説(1937年、45年、46年)があるスカイ・サクソンは、60年代初めよりミュージシャンとしてのキャリアをスタート。いくつかのバンドを経て、65年にザ・シーズを結成。ファズ・ギターとエレキ・ピアノをベースに、1コードか2コードでひたすら突っ走るナンバーを得意としたバンドで、翌66年には、唯一の全米トップ40ヒット・ナンバー「Pushin' Too Hard」を含んだデビュー作『ザ・シーズ』(写真)を発表します。

 ザ・シーズは68年に解散。その後は、いわゆるスピリチュアルな世界に魅了され表舞台から遠ざかっていましたが、2004年にSky Saxon & The Seeds名義でアルバム『RED PLANET』をリリースするなど活動を再開。2008年にはスマッシング・パンプキンズビリー・コーガンと新曲を制作していたようです。

 魔的な魅力を持つ歌声で、多くのリスナーを深みにはまらせた奇人スカイ・サクソン。心よりご冥福をお祈りします。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015