ニュース

Juice=Juice&BEYOOOOONDS、月夜のもと平安神宮にて行われたライヴ・イベントに出演

2023/10/02 12:58掲載
はてなブックマークに追加
Juice=Juice&BEYOOOOONDS、月夜のもと平安神宮にて行われたライヴ・イベントに出演
 2023年9月30日、京都・平安神宮で開催された〈平安神宮 月音夜 〜京都名月コンサート 2023〜〉にJuice=JuiceBEYOOOOONDSが出演しました。

 中秋の名月に合わせ、平安神宮の大極殿前に設置された特設ステージで音楽ライヴが行われる〈平安神宮 月音夜 〜京都名月コンサート 2023〜〉。東山の空に浮かぶ月のもと、4日間に渡って繰り広げられるこのイベントの第3夜に登場したのがハロー!プロジェクトのグループ、Juice=JuiceとBEYOOOOONDS。

 夜の野外ステージ、それも京都の歴史ある神宮でのライヴであり、一夜限りのまたとないシチュエーションにおいて、一体どんなパフォーマンスが展開されるのか。会場には期待に胸を膨らませた数多くのファンが集まりました。

[ライヴ・レポート]
 幻想的にライトアップされた大極殿は、ライブハウスやコンサートホールではお目にかかることのできない荘厳な佇まいである。また開演の10分前には、舞台と客席へのお祓いが執り行われ、始まる前からこの公演の特異性が如実にあらわれていた。

 笙などの和楽器がふんだんに使用された今夜のためのスペシャルなSEとともに、2組がステージに登場し、全員でBEYOOOOONDSのナンバー「夢さえ描けない夜空には」を披露。華やかなビッグバンド・サウンドで彩られた、夜空をテーマにしたロマンティックな1曲で、今回の催しにはぴったりのオープニングだ。

 ここからはそれぞれのステージ。まずはBEYOOOOONDSが「英雄〜笑って!ショパン先輩〜」「恋する銀河」を披露。クラシック音楽をベースとしたユーモラスかつシンフォニックな響きは、古都の建築と不思議なほどにマッチする。特に宇宙を描いた「恋する銀河」と夜の野外ステージとの相性は抜群である。

 続いてはJuice=Juice。こちらはムーディーな立ち上がりで、竹内まりやの「プラスティック・ラブ」を歌い上げたかと思うと、次に山下達郎の「FUNKY FLUSHIN'」という日本が誇るシティポップの名曲カバーを連発。ハロー!プロジェクトきっての実力派とされるグループが早くも本領を見せ、エモーショナルな歌声とファンの歓声が夜空に溶け込んでいく。

 それぞれ2曲ずつを終えたところで、BEYOOOOONDSの京都出身メンバーの西田汐里が「ここからは京都出身の3人でお届けしたいと思います」と話し、同じく京都出身であるJuice=Juiceの江端妃咲と川嶋美楓の3人で「ただいまー!」と声を合わせる。それぞれ幼少期の思い出などに触れつつ、2組のメンバーをシャッフルしてのライブパートへ。

 このパートの1曲目はBEYOOOOONDS小林萌花のピアノ、Juice=Juice有澤一華のバイオリンの生演奏による「ハンガリー舞曲第5番」。ハロー!プロジェクト屈指の楽器奏者である2人のコラボが聴けるのはこのライブならでは。そのまま小林と有澤の演奏を活かしながら、シームレスに選抜メンバーによる「夢幻クライマックス」(℃-ute)に突入。2組は今年2月に同曲で初のコラボを披露したが、ここでまさかの再演となった。

 続いては今般のイベントに合わせた「Moonlight night 〜月夜の晩だよ〜」(モーニング娘。)。この楽曲が歌われるのは意外だったようで、客席からはどよめきの声が上がった。また、当日の空模様はあいにくの曇りではあったものの、これが披露されたあたりで雲の隙間から大きな月が顔を出し始め、まさしく「月音夜」な展開になった。

 続く「CHOICE & CHANCE」でメンバーをシャッフルしたパートを終え、後半は2組をじっくりと見せる流れに。BEYOOOOONDSはデビュー曲にして代表曲「眼鏡の男の子」をはじめ、小林のピアノと清野桃々姫のボイス・パーカッションの伴奏によるアカペラで始まる「虎視タンタ・ターン」、ようやく涼しくなってきた晩夏を再熱させる「アツイ!」の定番ナンバーで盛り上げた後、“また遊ぼうね”と次へ繋げる「オンリーロンリー」でまとめあげ、一方のJuice=Juiceへとバトンタッチ。

 Juice=Juiceは「シンクロ。」でしっとりと入ったかと思うと、ファンキーな「ロマンスの途中(2023 10th Juice Ver.)」、同じくファンキーでよりアッパーな「プライド・ブライト」でしかと場をヒートアップさせ、平安神宮にスケールに負けない壮大な「Magic of Love」でクライマックスを演出した。

 その後、再び2組がステージに登壇。BEYOOOOONDSの西田は「ここに来ると言葉では言い表せない安心感があるので、私はやっぱりここで生まれて、ここで言葉を覚え、動くようになったんだなと思いました。また帰ってこられるように頑張ります」と故郷への思いを話し、Juice=Juiceの新メンバー川嶋美楓は「みなさんのペンライトが綺麗で、本当に素敵な景色に囲まれてパフォーマンスできて楽しかったです」と感想を語った。最後に全員でチャーミングなナンバー「ポップミュージック」を歌い、特別な一夜を賑やかに締め括った。


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


〈平安神宮 月音夜 〜京都名月コンサート 2023〜〉
2023年9月30日(土)
京都 平安神宮 大極殿前特設ステージ

[セットリスト]
01. 夢さえ描けない夜空には/全員
02. 英雄〜笑って!ショパン先輩〜/BEYOOOOONDS
03. 恋する銀河/BEYOOOOONDS
04. プラスティック・ラブ/Juice=Juice
05. FUNKY FLUSHIN'/Juice=Juice
06. ハンガリー舞曲第 5 番/小林ピアノ&有澤バイオリン
07. 夢幻クライマックス/植村・江端・有澤・石山・一岡・島倉・山・小林
08. Moonlight night 〜月夜の晩だよ〜/段原・松永・川嶋・平井・里吉・岡村
09. CHOICE & CHANCE/井上・工藤・入江・遠藤・高瀬・西田・江口・前田・清野
10. 眼鏡の男の子/BEYOOOOONDS
11. 虎視タンタ・ターン/BEYOOOOONDS
12. アツイ!/BEYOOOOONDS
13. オンリーロンリー/BEYOOOOONDS
14. シンクロ。/Juice=Juice
15. ロマンスの途中(2023 10th Juice Ver.)/Juice=Juice
16. プライド・ブライト/Juice=Juice
17. Magic of Love/Juice=Juice
18. ポップミュージック/全員
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー
[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作
[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲[インタビュー] THA BLUE HERBの映像作品が 2タイトル同時発売
[インタビュー] 田中彩子 ウィーンを拠点に活動して21年、コロラトゥーラ・ソプラノ歌手が歌うバロックから現代まで[インタビュー] Melting pot   パンク経由で鳴らす ソウル・ミュージックとグッド・メロディ
[インタビュー] Nina77 YouTube再生回数86万回以上の代表曲 「一人ぼっちの革命」を含む初CDリリース[インタビュー] ヒビキpiano 超絶ピアノで紡ぐ やさしく心安らぐ楽曲たち
[インタビュー] 橋本淳&筒美京平コンビの最後の傑作「ホテル砂漠」でデビューする新人アーティスト「夏海姉妹」[インタビュー] 山中千尋 その自由さにあこがれるウェイン・ショーターと坂本龍一に捧げられた新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015